昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ, 娯楽

二宮和也 14位「結婚相手は大嫌いだが、貫いたのは潔い」

15位 長瀬智也

長瀬智也 ©文藝春秋

 TOKIO・長瀬智也(41)が15位。前回の13位から2ランクダウンとなりました。映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」(2016年)ではコミカルな地獄の赤鬼、「空飛ぶタイヤ」(2018年)では大企業に立ち向かう運送会社経営者をシリアスに演じ、最近放送されている「オープンハウス」のテレビCMでは小学生のキャラクターに扮しています。ファンからは音楽活動の復活を期待する声も多いようです。

「いつまでもエネルギッシュでおじさんぽくなっていない。熱いゴリラみたいな顔立ちや演技も大好き。不器用そうに見えるところも男っぽくてちまちましていなさそうで良い」(女・43)

「初恋の人といってもいい。いくつになってもかっこよくて素敵。また歌ってる姿がみたい。バンドにも期待している」(女・31)

「ズバ抜けてイケメン。それなのにカッコつけていないところがもう最高。音楽の才能も実際かなりなものだと思う。早くTOKIOを再始動して欲しい」(女・47)

「馬鹿だけどカッコいい。飾ってない感じが好き」(女・44)

14位 二宮和也

二宮和也 ©文藝春秋

 2019年11月12日に結婚を発表した、ニノこと嵐の二宮和也(36)が、前回11位から14位にランクダウン。嵐初の既婚者となったことでファンにも動揺が走りましたが、それがランキングにも如実に表れたようです。俳優としてのキャリアも輝かしく、2006年にクリント・イーストウッド監督作品「硫黄島からの手紙」に出演し、2016年には映画「母と暮せば」で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞。2019年には木村拓哉と共演した映画「検察側の罪人」で同賞優秀助演男優賞を受賞しています。

「頭の回転が速くトーク力があり、ジャニーズの枠を超えたバラエティ力と俳優としての活躍、演技力も素晴らしく、オールマイティになんでもこなしてしまう器用さがダントツ」(女・24)

「米アカデミー賞作品賞にもノミネートされた抜群の演技力!」(男・53)

「クリント・イーストウッド監督が認めた逸材。オーディションであまりにやる気が無いので、監督が二宮に、オーディションとは違う『やる気の無い日本兵』の役を当て込んだという逸話がいい!」(男・53)

「器用で何でもソツなくこなすくせにダメな匂いがするところが昔から大好き。今回の電撃結婚は想定内とは言え、余りのショーゲキにいったんズンドコまで落ちたが、結婚自体には賛成なので即浮上出来た。だってダメダメなニノの身の回りの世話を誰かに絶対して欲しいんですもの。独り暮らしが長引くと絶対身体壊すし、そういう暮しをしてるし(知らんけど)。お相手についても致し方ないと思っております。昔っから一貫してあーいうのが好みの顔だし、匂わせ投稿にしても、余りに嬉しすぎてついついやっちゃったんだなぁ、と(知らんけど)」(女・59)

「叩かれてしまうことも予測出来ただろうに、結婚を発表し、案の定叩かれ辛い中でも嵐として、嵐を辞めないで、ファンに笑顔を贈ってくれる」(女・51)

「結婚はしたけれど、あくまでニノの演技や司会、バラエティー対応力総合的にみて最高です」(女・53)

「本当は嵐全員好きだけど、結婚でもしかしたらランク下げてしまいそうなので、『結婚しても応援してる人もいるよ』という気持ちをこめて」(女・52)

「いい映画・ドラマに出ている。倉本聰脚本のシリーズはすばらしい」(男・46)

「記者の人でも丁寧に挨拶している」(女・15)

「役者じゃなくて『アイドルグループの一員です』と言い切ってるところ」(女・48)

「結婚相手は大嫌い。だけど愛を貫いた所はすごい。潔い」(32・女)

「なんだかんだで嵐の潤滑油。MCは翔くんと2人に任せれば安心。角が立ちそうな時の突っ込み等で和ませるバラエティ力も魅力です。もちろん演技仕事は必ず見たくなリます」(女・60)