昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ, 娯楽

木村拓哉 8位「誰よりもSMAPを愛している」

8位 木村拓哉

木村拓哉の初ソロアルバム「Go with the Flow」

 元SMAPの木村拓哉(47)が8位。前回から3ランクダウンとなりました。SMAP解散の経緯から未だにアンチファンも多いキムタクですが、昨年放送されたドラマ「グランメゾン東京」(TBS系)、年始に放送されたスペシャルドラマ「教場」(フジテレビ系)など、このところの主演作は業界的な評価も高く、1月8日には初のソロアルバム「Go with the Flow」を発売し、20日付のオリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得しています。マクドナルドのCMで見せた中指と薬指で挟むようにする一風変わったハンバーガーの持ち方は“キムタク持ち”などと言われ、話題になっています。

「『グランメゾン東京』を見て、唯一無二の存在であることを再認識しました」(女・36)

「昔のキムタクより今現在の顔が好きです」(女・49)

「何事にも全力で取り組み、周りへのさり気ない気遣い、優しさ、外面だけでなく内面も本当に素敵。役者に加え、ソロアルバム、ライブ、これからが益々楽しみです」(女・46)

「たくさんの人から叩かれながらも、前向きにがんばっている姿を見て、応援したい気持ちになりました。仕事に対してまじめなところが、特に素敵だと思います」(女・38)

「腐ってもキムタク」(男・42)

「SMAPのエース。いろいろ言われても自分を貫いているところ。表現はあまりうまくないがファンを大切にしてくれていることがわかる。今は、上層部の圧力でSMAPというグループへの愛情表現ができないが、絶対に誰よりもSMAPを愛している。これからもずっと大好きです。いつか、中居くんと一緒に退所をしてほしい。また5人でエンタテインメントを見せて欲しい」(女・51)

「批判もあるが、ドラマ主演をするとやはり魅力を感じる。年齢を重ねたことを受け入れて成長していると感じられる。人間、良いことばかりではないので、嫌なところもあり、いいところもあるという人間らしい部分で、一番ジャニーズの中では好感が持てる」(女・53)

「若い頃は本人自身と周りが作っているイメージとのギャップがありましたが、年齢を重ねていくにつれて、完璧すぎない等身大の木村拓哉を感じることが多くなり、以前より好きになりました」(女・50)

「なんのかんのいって、彼がいないと今のジャニーズはなかった」(男・39)

「これはユダとしての魅力に尽きる。早くごめんなさいして、SMAPを復活させれば、真のHEROになれるのに」(男・46)

7位 岡田准一

岡田准一 ©文藝春秋

 大型映画の主役からテーマパークのイメージキャラクターまで幅広い役どころを演じる俳優の、V6・岡田准一(39)が7位。前回の17位から一気にトップテン入りを果たしました。映画「関ヶ原」や「散り椿」など時代劇での演技が好評で、今年5月公開の映画「燃えよ剣」では新選組の土方歳三役を演じる予定です。2018年秋には妻で女優の宮﨑あおいとの間に第一子となる男児が誕生。グループで4人目のパパに。夫妻は連名で「産声を聞いたときは、『生きる!』という強い力と、人生が始まる尊さを感じました」とコメントを発表しました。

「時代劇から現代劇まで演技力が素晴らしい」(女・73)

「映画『散り椿』での浪人姿がしっかりと板についていたのと、殺陣が力強くて美しいから。時代劇という分野では、ジャニーズの中だけでなく俳優の中で見てもトップ俳優の一人だと思う」(男・47)

「背中の演技が上手い。将来、緒形拳か伊丹十三みたいになるかも」(女・59)

「役者として数々の実績を残し華がある。ひらパー(ひらかたパーク)のCMで見せるようなおちゃらけさも面白い」(男・45)