昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

若き人気マンガ原作者が、そのすべてをわいせつ事件で失う件で

才能のある人が併せ持つヤバい人間性がコインの表裏だったとき

2020/08/13

genre : ニュース, 社会

 すでに文春オンラインでも事件の背景が報じられておりますが、集英社『週刊少年ジャンプ』の人気マンガ『アクタージュ』の原作者であった松木達哉(マツキタツヤ)さんが、少女への強制わいせつで逮捕されてしまいました。

「物語は女子高生のスカートの中にある」 強制わいせつ逮捕マツキタツヤの犯行動機【少年ジャンプ「アクタージュ」原作者】 集英社社員が明かす“連載続投の可能性" 
https://bunshun.jp/articles/-/39644

「アクタージュ」 ©文藝春秋

優れたクリエイターがいつ事件を起こすかというヒヤヒヤ

 記事の内容とは裏腹に、事件の大きさに鑑み、また作者が起こした事件後の処理という前例も踏まえて『アクタージュ』の連載打ち切りが集英社より早々に発表されました。ま、時節柄こういう事件には厳しく対応しなければならないという集英社の英断は正しく重く受け止めなければならないと思います。良く判断したなあ。

『アクタージュ act-age』連載終了に関するお知らせ|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト
https://www.shonenjump.com/j/2020/08/10/200810_oshirase001.html

 文春の記事にもある通り、『鬼滅の刃』をはじめ『約束のネバーランド』『ハイキュー!!』など人気作品が次々と連載を終了している中で、この『アクタージュ』が引き続き人気連載として媒体を引っ張ることが期待されている最中でした。また、大手芸能事務所ホリプロなどにより舞台化が決まっていたほか、メディアミックスをしやすい作風・テーマであることから、単に人気マンガの連載が打ち切りになるという問題だけではない余波が広がっているとも言えます。

©︎iStock.com

 この方面のビジネスをしていると、折々に「凄い発想の持ち主で、優れた作家性を発揮するクリエイターが、とてつもなく変てこな性癖を持っていたり生活が崩壊していて、いつも『いつ事件を起こすか』というヒヤヒヤと隣り合わせで仕事をする」なんてことが発生します。