昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「恥ずかしいこと聞くね…」星野伸之がついに明かした中嶋監督代行“素手キャッチ伝説”の真実

文春野球コラム ペナントレース2020

2020/09/13

「中嶋、それはやめてくれよ……素手だけは……」

 星野伸之の投じた超遅球と呼ばれる魔球・カーブが右打者の外に大きく外れた。女房役の中嶋聡は思わず、キャッチャーミットではなく右手の素手で投球をキャッチ。

 星野伸之が素手で捕れるような遅いカーブを投げられるのが凄いのか、中嶋聡の素手で取れるという肉体が凄いのか……。

星野伸之 ©文藝春秋

星野伸之が明かした中嶋聡の「素手キャッチ伝説」

 ブルーウェーブファンの間でまことしやかに流れていた星野・中嶋バッテリーの「素手キャッチ伝説」の噂。これは本当なのか……BS12の副音声中継にてオリックス応援中継の際に星野さんとご一緒する機会があり、勇気を振り絞って聞いてみました。

「中嶋が俺のボールを素手でキャッチしたのはホントかって?! 大貴君、恥ずかしいこと聞くね(笑)。噂が独り歩きしているように思われるけど……これは事実! ほんとにあった話」

 と、星野さん。

 なんとまあ真実だったのです。

「ええ~、ほんとだったんですか? 正直、いくら何でも僕はそれは嘘だと思っていました。星野さんのカーブと言えど100キロ前後。回転数も物凄いじゃないですか。いくら中嶋さんといえど、素手で捕るなんて危ないし、恐ろしすぎます……」

 と僕が返答すると、星野さんはその時のやり取りを教えてくれました。

星野さんと筆者 ©BS12 トゥエルビ

「その時はさすがに中嶋に言いましたよ。素手はやめてくれよと(笑)。いくら遅いカーブが特徴の俺と言えど、素手で捕られるのははずかしいよ、って言いましたよ(笑)。中嶋は何て言ってたかって? 意外と素手で捕れそうだったし、素手で捕った方がそのまま投げられるからいいかなと思いました、って。すごいよな、中嶋という男は。でも、それ以来ちゃんとキャッチャーミットで捕ってくれるようになったよ」

 このエピソードを聞いて、僕はまたオリックスのことが好きになりました。幼い頃、グリーンスタジアム神戸で食い入るように観ていた星野―中嶋のバッテリー。紺色のグラブの星野さん、水色のキャッチャーミットの中嶋さんのコンビが大好きでした。「星野さんのまっ直ぐは本当に早く感じる」と中嶋さんがテレビで言っていたのをよく覚えています。「カーブは独特で、隠れたところから急に出てきて、止まるように見える」とインタビューで中嶋さんが答えていたのもよく覚えています。でも素手で捕っていたなんて……映像が残っていれば観てみたい……宝物にしたい映像ですよね。