昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 Zoom、私もやりました。1回、中学校時代の友達とちゃんとやってみようということになって、週末に夜ご飯とデザートを持ち寄ってやってみたら、すごく楽しくて。気付いたら3、4時間くらい、ずっと話してました。

――これまでのドラマや映画の共演者の方と連絡を取り合うこともあったんでしょうか?

 そうですね。観た作品にその方が出ていたら、感想を送ってみたり……。ただ、私はあんまり友達がいないんですよね、ほんとに(笑)。連絡先を知ってる人もほとんどいなくて。だから、そんなに仲良さげにできる方もいないんですけど。

 

神木隆之介さんの誕生日には……

――そんな中で、ドラマや映画の感想を送られた方というのは?

 『変身』を観たので、神木(隆之介)さんに感想をお伝えしました。あと、ちょうど神木さんのお誕生日(5月19日)もあったので、そのときは電話でおめでとうございます、と。

――神木さんとは『ラストレター』などでも共演されていましたね。ちなみに森さんは普段、休日はどういう過ごし方をされているんですか。

 

 コロナ前の話にはなるんですが、映画を観に行くか、あとはウィンドーショッピングとか散歩とか、そういうのんびりアウトドアが好きですね。あまり友達がいないので、富田望生ちゃんとトランポリンに行ったのが、唯一友達と遊びに行ったという思い出です。

――ということは、映画館へは1人で?

 ずっと1人ですね。休みの日には、たとえば渋谷だったら、あそこの映画館とここの映画館で何がやっているかを調べて、みっちり映画の時間割を組むんです。それで、「この合間にちょっとコンビニに寄ってお昼ご飯を食べて……」みたいに決めて、1日に4、5本観たりしています。

授業中も本を読んでいた高校時代

――「最初の10分は予告編だから、その間にギリギリ移動できるぞ」みたいな?

 そうです、そうです。1回、友達を一緒に連れて行ったこともあったんですが、「もう映画始まっちゃうよ」と言われたので、「いや、まだ10分あるから大丈夫」と答えたら、ちょっと困ってましたね。そのときに、もう誰かと一緒に行くのはやめようと思いました(笑)。

 

――1日に4、5本観るだけでも、相当体力が必要ですね。これは『エール』の梅役からの連想なんですが、普段は本も読まれますか?

 読書のモードになったら、バババッと読みますね。高校時代は、そういうときには授業中もずっと本を読んでました。

――どういうタイプの本が好きですか?