昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/09/02

下村博文 ★3.0 「地味だが『体臭』を感じさせる政治家」

 私は菅さんを最も評価しましたが、菅さん同様に「プロ政治家」として評価しているのが下村さんです。

 下村さんが総裁候補として認められるには細田派のなかで下村さんに一本化される必要があります。今回はそれに至らず、出馬は見送られました。派内で総裁候補として認知されるまでのハードルをどう乗り越えるかが、下村さんの大きな課題です。

 しかし菅さん、下村さんのような叩き上げの政治家に共通しているのは、苦労した経験から発せられる「体臭」です。生き様ともいえます。下村さんは群馬県出身で、小学生の頃に交通事故で父親を亡くしました。交通遺児育英会の第1期生として高校と大学も卒業した苦労人なのです。

 今回の総裁選で名前の挙がった候補者では一番地味かもしれませんが、総理になると化ける逸材ではないでしょうか。今は評価が低いですが、評価が低いということは必ずしもマイナスではありません。ちょっとしたことで周囲の「やるじゃないか」というサプライズ効果が生まれます。

 自民党内で減りつつある「プロ政治家」の1人として、下村さんがいずれ総裁選に立候補するのは非常に意義があるのではないかと思います。

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー