昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/09/02

石破茂 ★4.0 「安倍政権のアンチテーゼがどこまで通用するか」

 石破さんが総理になった場合に期待できるのは、岸田さん同様、「政治が変わった」というイメージを国民にアピールできることです。しかし岸田さんと異なるのは、石破さんはこれまで安倍政権に対するアンチテーゼ的発言を繰り返してきたこと。いま「ポスト安倍候補」のなかで国民の人気が最も高いのが石破さんというのは、国民が“安倍政権的体質、手法”からの変化を強く望んでいるということでしょう。

石破茂氏 ©文藝春秋

 しかし、それが総裁選で吉と出るか凶と出るか。国民の支持を集めている半面、派閥も19人と少人数で国会議員からは人気がないというのが、石破さんの現状です。党内地盤が弱いなかで政権を握ったときに、国民の支持だけでどこまで維持できるかどうか、そこが石破さんの難点だと思います。