昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/09/06

韓国に対して「被害者意識」を感じはじめた日本人

――今年の夏にも田舎の植物園に安倍首相が慰安婦像の前で土下座している銅像が建てられました。どういう思いがあって、このようなことが行われているのでしょうか。

 説明してきた通り、韓国では日本の存在が深く社会に浸透していますから、耳目をひくためには「日本」をテーマにするのが手っ取り早い。こうして始まるのが「反日」をまぶした愛国パフォーマンスなんです。まずは、すぐ飛びついてくるメディア向けです。反日愛国ビジネスですね。

 安倍首相が土下座している銅像の話も、はじめは韓国でも大手メディアが話題にすることもなく、左派系新聞がちょっと報じた小さな出来事でした。いってみれば、山奥の植物園が国内向けに目立とうと始めたもの。日本をテーマにすれば一定の注目を集めることが出来るだろう……そんなビジネス感覚で作った。

平昌市内の植物園に設置された、慰安婦像に土下座する安倍首相の銅像 ©AFLO

 こうした「愛国ビジネス」の動きは以前からあり、2017年8月にはソウル市内で慰安婦像を乗せたバスが走りました。これも日本では大騒ぎになりましたが、韓国でニュースになったのはその1日だけ。バス会社の社長による、売国的な愛国パフォーマンスでした。

 一昔前なら、こんな話など日本に伝わらなかったかも知れない。ところが、いまネットメディアが発達したことで、韓国社会でさえ大して注目されなかったような事例が、一瞬にして日本に伝わっていく。韓国メディアも、日本からのアクセスが見込めるからと、わざわざそうした「反日」ニュースを日本語に翻訳して発信するようになりました。

 こうした変化によって、今では、韓国に住む私も知らないような話題が、日本で大きく拡散され、日本人に「また韓国が悪口を言っている」「もう韓国とは付き合いたくない」という「被害者意識」が生まれている。反韓・嫌韓感情というのは「日本が韓国によって貶められている」という被害感情です。

ソウルで運行された慰安婦像を乗せたバス(2017年) ©AFLO

 こうした意識が日本で高まると政治家も無視できなくなり、韓国の国内消費用の愛国パフォーマンスが、日本政府の外交方針にまで影響を与えていく。

 一方、韓国側からすると気楽にやっている行為ですから、まさか自分たちのせいで関係が悪化しているとも思っていない。心当たりがないので、日本の反韓・嫌韓感情は短絡的に「すべて安倍が悪い」という結論に達してしまっていた。

 これまでは、韓国が日本を批判するとき、歴史を前提として「日本が加害者で、韓国は被害者だ」という固定観念がありました。それが、今や日本側にも「被害者意識」が生まれている。これまでの前提は成り立たなくなっているのに、韓国は気づいていません。この「被害感情のスレ違い」が、日韓の問題をより複雑にしています。