昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“出向帰り”半沢と“宿敵”大和田の「倍返し対決」に、なぜか渡真利が乱入! その決着は…【「半沢直樹」好きなキャラアンケート】

 現在、TBSで放送中の日曜劇場『半沢直樹』。13年に放送された前作では、最終回で視聴率42.2%を記録すると、決めゼリフの「倍返し」は『2013 ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識選)の大賞を受賞するなど、社会現象にもなりました。

 7年ぶりの放送となった今作でも勢いは衰えず、初回の視聴率は22.0%(関東)を記録。また、新型コロナの影響で撮影が間に合わず、9月6日(日)は『生放送!!半沢直樹の恩返し』と題して主演の堺雅人や香川照之らが出演。名シーンの裏話や視聴者からの質問に答える場面では、本編とは打って変わった和気あいあいとした雰囲気が視聴者のハートをつかみ、初回を超える22.2%(関東)の視聴率を記録しました。

番組公式HPより

 こうした人気を受けて、「週刊文春」では「半沢直樹 好きなキャラ、嫌いなキャラ アンケート」と題して、アンケートを実施。290人の投票が寄せられました。

 では、好きな部門の上位5人を見ていきましょう。

5位 黒崎駿一(片岡愛之助)

 前作では国税局統括官、金融庁検査官という立場で半沢と対峙。「オネエ言葉」で半沢をねちっこく責めたてる。ドラマの制作発表記者会見で片岡は「オネエに磨きをかけて頑張っています」と話し、今回の対決も見物の一つでした。

「金融庁検査官のいやらしい部分がよく出ている。権力を握った人間はこうなるという見本。反面教師的ではあるが人間らしい」(37歳)

片岡愛之助 ©文藝春秋

「ラブリン素敵すぎる。いつか仮面ライダーや戦隊の悪の大幹部やってほしいと思ったら、すでに映画・仮面ライダーで悪役やってたんですね……」(39歳)

「オネエ言葉でタマ握りという独特痛烈キャラで、半沢に闘志を燃やしながら、実は好きなの?という感じの設定が面白い。半沢が銀行に戻ったと知った時の表情、嬉しさ。俄然やる気を出してテンション上げ上げで、金融庁検査を始めるという宣言からやり直す可愛いさ。色っぽいし、かっこいい」(60歳)