昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

徹夜組も…カラーサージカルマスクに台湾が熱狂 火付け役に聞く誕生秘話

“マスクガチャ”と“ピンクマスク騒動”で認知度アップ

2020/09/23

genre : ライフ

カラーサージカルマスクに台湾が熱狂 火付け役メーカーに聞く誕生秘話①

“マスクガチャ”と“ピンクマスク騒動”で 認知度が一気にアップ

時にセクシー、時にコミカルな衣装でパワフルに踊り歌うステージングで知られる謝金燕さん。

「ところが、2017年の発売当時というのは、実はあまり受け入れられなかったんです。ビビットな色みが斬新すぎたんですね。そのような商品を扱った前例がないからと、他の医療消耗品で取引のある薬局ですら商談に応じてもらえなくて。

 そんな状況下、ターニングポイントのひとつとなったのが、人気アーティストの謝金燕(ジェニー・シエ)さんとのコラボレーションでした。

 2017〜2018年にかけて行われたコンサートで配布されたレース模様のマスクが話題となり、CSD中衛ブランドの認知度がぐっと高まったのです。芸能人とのコラボなんて、当時は誰も考えたことがなかったアイデア。それが奏功しましたね」

 
満を持しての再発売、入荷のあった薬局チェーンには幅広い年齢層の女性が殺到した。

 コラボレーションマスク「csd×謝金燕 姐姐・蕾絲口罩」(非医療用)は、製作に最も手間のかかるマスクのひとつであり、コロナ禍においては生産が見送られていたが、ファンの熱い要望に応え、2020年7月末に自由販売分として出荷。もちろん、この騒動も各局が報じるニュースとなった。

政府の管理販売用マスクの集荷、薬局へのデリバリーは郵便局が担っている。取材に訪れた日も徴収分のマスクが積み込まれていた。

 対して、カルチャーシーンや流行にそれほど敏感でない一般的な人々が「CSD中衛」を知ることとなった、いくつかの出来事がある。それはコロナ禍における政府の管理販売下でのこと。

 ひとつめが、いわゆる“マスクガチャ”だ。管理販売で購入するマスクの種類は、その時々のデリバリーによって異なるため、どんなマスクが“当たる”のかは、受け取るまでわからない。

 政府主導で作られる水色や薄緑色が大半を占めるなか、ビビットカラーやヒョウ柄、水玉模様などの変わり種が混ざっていることもあり、それらを引き当てた人がSNSで拡散。

 なかでも「CSD中衛」製のカラーマスクの鮮やかな発色に対する驚きと羨望は、知名度を高めるのに大きく貢献した。

封筒を開けてみたらカラーマスクが! 水色や薄緑色がデフォルトの世界で、この“アタリ感”は格別。※写真はイメージです。

「政府による徴収は2020年1月31日(金)に始まり、それから毎日90万枚を生産、1週間で約500万枚を提供していました。