昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

”埼玉の北欧”・飯能のムーミンバレーパーク、衝撃の「インスタ映え度」だった

2020/09/27

genre : ライフ

ここは飯能ではなくもはや北欧!? ムーミンバレーパークでヒュッゲ気分

花摘みをしていたのかムーミンの手には野の花が。温かで居心地のよい雰囲気。©Moomin Characters(TM)

 東京からおよそ1時間半、水と緑の街・飯能市。自然と都市がなだらかに一体となっているこの街にムーミンの里「ムーミンバレーパーク」があります。

 周囲を取り囲む、静かでなんだか温かいこの森は、確かにムーミンやニョロニョロがひょっこり出てきそう。森は今、収穫の秋。ムーミンバレーパークでも2020年9月12日(土)から11月8日(日)まで「ムーミンバレーパーク ハーベスト」を開催、自然の恵みを祝福するイベントが開催されています。

リトルミイとムーミンが来場者を歓待

2019年オープンのムーミンバレーパークは今年で1周年。

 木立の中を進んでいくと、いよいよムーミンバレーパーク。可愛らしいリトルミイとムーミンのオブジェが歓迎してくれています。

 本を模したゲートをくぐって、物語の世界へ旅立ちましょう。

ベリーとりんごのアート作品。収穫の秋を思わせる嬉しい演出。

「はじまりの入り江」と呼ばれるエリアには北欧の秋の実りの象徴である、ベリーとりんごをモチーフにしたバルーンのアート作品が展示されています。

 デザインは、フィンランドで生まれた独創的な色づかいとプリントで日本でも人気のmarimekko(マリメッコ)などのデザインも手掛けるテキスタイルデザイナー鈴木マサル氏。

 鮮やかな配色ながら温かみのある雰囲気で思わず笑顔がこぼれます。

バルーンアートの下、トチの実を探す少年。ムーミンバレーパークはまさに実りの秋を迎えていました。

 約3600個からなるバルーンはインスタ映え間違いなし! フォトスポットとして多くの人が足を止めて撮影をしていました。

 ムーミンバレーパークではイベント開催期間中、「Instagram フォトコンテスト」を実施。展示されているバルーンを背景に、素敵な写真を撮影しハッシュタグ「#ハーベストフォトコン」とともに投稿すると、最優秀賞者には賞金50,000円がもらえるというイベントです。

 幻想的な空間で心揺さぶる撮影に挑戦してみるのも良いかも!