昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《「櫻坂46」舞台裏のゴタゴタ》石森虹花「ホスト愛」、秋元康「解散勧告」と2期生の「反逆」

「テキトーすぎる」

「今回のグループ名の発表は、本当にサプライズでした。前々から準備されていたものではあるのですが、あの日にどのように発表するかについては、ごく一部にしか伝えていなかった。ですが、この発表の仕方に、SNSではファンから『テキトーすぎる』『なんでライブ中ではないのか』といった困惑の書き込みもあるようです」(スポーツ紙記者)

 新グループの「改名発表」動画が渋谷駅前スクランブル交差点の街頭ビジョンに映し出されたのは、9月20日(日)の20時半頃だった。

「改名発表」動画より

《全力で、上りつづけた欅の坂。この5年間の努力や幸せ、悔しさ、すべてを背負ってもういちど、新しい坂を駆け上がろう。私たちは、私たちらしく、自由に。全員で、輝ける、未来へ。まだ何色にも染まっていない真っ白なさくらのように、欅坂46を超えろ。櫻坂46。咲け、櫻坂46》

「改名発表」動画より

 翌日には、欅坂46公式ホームページで正式に公表。新たなロゴも同時に公開された。

《欅坂46は10月12日(月)、13日(火)のラストライブを持ちまして活動休止し、10月14日(水)より櫻坂46(さくらざかふぉーてぃーしっくす)として活動していきますことをここに発表させて頂きます》(公式HPより)

発表された櫻坂46のロゴ

直前に「ホスト熱愛」スキャンダルが

「『櫻坂46』という新グループ名は、一部のファンの間ではすでに予想されていました。運営が1年前から『SAKURAZAKA46.COM』というドメインを取得していたという事実が判明していたことと、欅坂46の由来となった六本木にある『けやき坂』の“角を曲がる”と『さくら坂』にぶつかるということから、勘のいいファンは『櫻坂46ではないか?』と予想していたのです。

 ちなみに『角を曲がる』とは、平手友梨奈さん(19)のソロ曲。櫻坂46のグループ名がゲリラ発表された9月20日は、ちょうど1年前に『角を曲がる』のミュージックビデオがユーチューブで公開された日でもあったのです」(前出・スポーツ紙記者)

 この日の夕方、「文春オンライン」では石森虹花(23)の新宿ホストとの“自宅通い熱愛”を報じた。一部では、新グループ名の発表との因果関係が取り沙汰されているが……。