昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 貴闘力をそこまで突き動かす原動力とは一体何なのか。

「(弟弟子の)貴乃花の存在はありますよ。貴乃花がやりたかった相撲界改造計画を俺が全部話すつもりでやろうと思ってます。たとえば、貴乃花が打ち出したサポーター制度って、これまでのタニマチといった、限られた後援組織だけに限定せずに、ファン層を広げていくのに、すごく良い制度だったと思うんです。YouTuberになるにあたって、彼と綿密な打ち合わせをしたわけではないから、ニュアンスの違いとかはあるかもしれないけど……」

2003年、貴闘力の断髪式ではさみを入れる貴乃花 Ⓒ時事通信社

もう息子たちとは縁を切っているから

 貴闘力には、4人の息子がおり、そのうち次男(鵬山)、三男(納谷)、四男(夢道鵬)は大嶽部屋に所属する現役力士である。息子たちとの関係について聞くと、予想外の答えが返ってきた。

「もう息子たちとは縁を切ってるから。俺がこうやってYouTubeでいろいろ話すと子どもたちがいじめられるかもしれないでしょう。だから縁を切っちゃった。もう何年も顔を見てないし、電話もしてない。だから思う存分なんでも喋れるよ。息子たちはこんな親父を疎ましく思うかもしれないけれど、5年、10年経ったときに分かってくれればそれでいい。俺の動画の中で、相撲が強くなる練習方法を配信する予定もある。それを見たければ、あいつらも見ればいいんじゃないかな。

オリジナルTシャツの後ろには「反省」の2文字 Ⓒ文藝春秋

 何度も言うけどさ、相撲って楽しいんだよ。面白ければ面白いほど、クリーンにした方がいい。こういうご時世でもあるからね。俺がこれから始めるのは、普通のYouTubeじゃないってことはみんなに伝えたいね。YouTubeは俺にとって、新しい土俵なんだよ」

タブーなしに切り込んでいくと意気込む Ⓒ文藝春秋

 語り終えた貴闘力の顔にはどこかすがすがしさがあった。「貴闘力部屋~相撲再生計画~」の第1回動画は25日20時に配信される予定だ。果たしてどんなガチンコトークが繰り広げられるのか?

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(36枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー