昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

京成関屋駅と牛田駅の間には何がある? あの人気モデルのイチオシ店と「金八先生」の哀愁

2020/09/29

 京成関屋駅と東武伊勢崎線牛田駅は改札から改札まで約30m。小さな駅だが意外と乗り換える人が多い。一帯は北千住を北西に配置し、東に荒川、南に隅田川が走る。両河川に挟まれた場所であるため、こんな至近距離に両駅が存在しているのだろう。

 京成関屋駅と牛田駅の間には、いったい何があるのだろうか。そこで、今回は10年以上ぶりにこの地を訪れて散策してみることにした。

京成関屋駅改札を出てすぐの駅前には……

 かつて、関屋駅改札をすぐ出たところに、近隣の製麺所が直営する「冨士三屋」という立ち食いそば屋が営業していた。映画「男はつらいよ」にも登場したことのある人気店で、クリスピーなかき揚げが特徴的で、愛好家も多かったのだが、2018年1月に静かに閉店した。そして、2018年3月、その跡地に、「雑賀屋(さいかや)」という立ち食いそば屋がオープンした。「雑賀屋」は北千住に高級焼き鳥店「雑賀」などを展開する会社が始めた立ち食いそば屋である。

 シルバーウィークに入った9月の連休初日の土曜日11時過ぎ。JR日暮里駅から京成線の各駅停車に乗り換え、4つめの駅、京成関屋駅に到着した。改札を出ると、すぐに真っ赤なファサードの「雑賀屋」が目の前に賑やかに現れた。

日暮里から各駅停車で4つめの京成関屋駅
京成関屋駅は小さな駅である

 

京成関屋駅から30mに東武伊勢崎線牛田駅がある
京成関屋駅前にあった人気店の「冨士三屋」、2018年1月に閉店