昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「売春するって、自分で自分をつぶすことよ」 新宿・歌舞伎町が“日本一の歓楽街”になるまで

『歌舞伎町・ヤバさの真相』より #1

2020/10/12

source : 文春新書

genre : ニュース, 社会

日本一の歓楽街、新宿・歌舞伎町。コロナ禍でも、感染源である”夜の街”として名指しされるなど、目の敵にされることが多かった。欲望・エロス・犯罪の都は、いかに生まれ、どこに向かうのか。暴力団や組織犯罪を長年取材してきた溝口敦氏の著書、『ヤバさの真相』(文春新書)より、一部を抜粋して紹介する。(全2回の1回目、#2へ続く)

◆ ◆ ◆

何段階もの「射精産業」

 セックスとセックス周りの商売が歌舞伎町の代表的な産業であることははっきりしている。夜、男が通りを歩けば、日本人や外国人の街娼、あるいはポン引きなどが近寄り、「遊ばない?」「もう一軒どうです?」などと声を掛けてくる。性風俗店の前ではしきりに呼び込みの男女が通行人に店に入るよう声を張り上げ、袖を引き、チラシを押しつける。街角には飲食店や風俗店を紹介する案内所もある。

©iStock.com

 セックスという言葉は、男女の性交の意味で使われるのだろうが、客が男の場合にはより直接的に「射精産業」というべきかもしれない。性交(ホンバン)を頂点とするピラミッドがあるとして、歌舞伎町では性交の手前の射精や催淫的なムード、予備行為なども売り物になり、射精産業には何段階もの亜種的な業種がある。

 女性との性的会話を楽しむ、あるいは口説く(キャバクラやクラブなど)、若い女性の陰部やオナニー姿などを見せる(覗き部屋、ノーパンしゃぶしゃぶなど)、女性の乳や陰部を触らせる(ノーパンクラブやお触りバー)、女性の手指などで射精をもたらす(ピンクサロンやセクキャバなど)、同じく女性の手や体を使ったマッサージで射精させる(エステなど)、女性をホテルに連れ出せる(台湾クラブや中国クラブ)、ホテルに女性が来る(デリヘルなど)、客の女性と直接交渉できる(出会い喫茶、ハプニング・バーなど)、女性とセックスできる(ソープランド、街娼)など――歌舞伎町は性的な各種サービスに溢れている街である。

 セックス補助産業ともいうべき裏DVDや裏ビデオ店、大人の玩具・強精薬店、セックスの場所を提供するラブホテルやレンタルルームも歌舞伎町には少なくない。

 また男に対する性的サービスだけでなく、女に対してもホストクラブやボーイズバーが数多く開業している。ホモセクシュアルな男女に対してはゲイバーやゲイクラブ、レズバーなどがあり、男女のどのような性向にも応えるウリ専バーさえ用意されている。