昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「彼女はすっかり一流タレント気取りです」

「今年8月30日、彼女は交際相手のYouTuber男性との婚約を発表したのですが、安倍首相辞任に関する報道を抑えてYahoo!ニューストップに選ばれていました。そして10月8日にはその彼と入籍したことを発表。こちらもYahoo!ニュースに取り上げられました」(前出・業界関係者)

でっぱりんインスタグラムより 入籍報告(2020年10月8日)

 しかしそんな彼女の活躍を複雑な心境で見つめるのが、冒頭のA子さんだ。

「彼女はすっかり一流タレント気取りです。『あいのり』で暴力を振るう様子が放送された時は『自分でもやばい奴だなって思う』と落ち込んでいましたが、結局は視聴者にまっすぐな子、仲間思いの子だと受け取られて人気になってしまった。(A子さんが受けた暴行について)全く反省していないので、今もYouTubeで自分が暴言を吐く様子を投稿してはアクセス数を稼いでいます。すぐに手を出したり暴言を吐く癖を直してほしい。そして私を含め暴力を振るった相手に心から謝ってほしい。そんな思いでお話しすることを決めました」

 A子さんは現在、傷害事件の被害者として警察から聞き取りを受けている。事件に至るまでを振り返り、A子さんが語る。

「私とでっぱりんは17歳の時に共通の知人を通じて知り合い、すぐに仲良くなりました。『あいのり』に出演すると聞いたときには驚きましたが、一緒に道を歩けば『でっぱりんですか? 握手してください!』と話しかけてくる人がいて、親友が有名人になっていく様子は間近で見ていて気持ちいいものがありました」

「大丈夫、30万円を給料として毎月支払うから!」

 2019年7月にシーズン2の地上波放送が終わった頃、A子さんはでっぱりんから、ある事業の相談を持ち掛けられたという。

「彼女は、タピオカ専門店を開くから店長として雇われてくれないか、と言ってきました。“でっぱりんプロデュース”の看板でやればお客さんが集まるから、と。その時は私も彼女の影響力を過信していた部分があったので、彼女の話に乗ろうと思いました。

でっぱりんのタピオカ店「ing」インスタグラムアカウントより(2019年10月20日)

 ただひとつ心配だったのは、安定した収入を得られるかどうか。当時は会社員として働きながら2歳の娘を育てていたので、安定した仕事を辞めることに不安はありました」

 そんなA子さんのためらいを予測していたかのように、でっぱりんは強気だった。

「彼女は『大丈夫、30万円を給料として毎月支払うから!』と、当時の収入の倍額を提示してきたのです。そこで完全に目がくらんでしまいました。私は仕事を辞め、彼女の“雇われ店長”としてタピオカ屋で働くことにしたのです」