昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/10/17

カフェには映えるコラボレーションメニューが

 作品を楽しむ前に、館内のカフェでコラボレーションメニューを食べることに。展開されているのは2種類。『ゼウスの媚薬』と『オリュンポスの花園』である。

 ゼウスの媚薬はウォッカベースのカクテル。すみれ色のシロップを自分で入れてシェイクすると完成。味は比較的さっぱりとしており、口当たりも良い。ボトルの底にはライトの演出もあり、非常に目をひくドリンクだ。中にはゼリーがはいっており、食感が面白かった。

ドリンクメニュー『ゼウスの媚薬』

 オリュンポスの花園は、ベリー系とチョコレートのスイーツである。熱々の赤い果実のソースをチョコレートにかけると、きれいに溶けていく。中にはブラウニーがはいっているのだが、味が濃厚でとてもおいしかった。写真に収めても映える見た目となっているため、是非チェックしてほしい。

『オリュンポスの花園』

 本作品のコラボレーションメニュー以外にも、様々なカフェメニューが展開されている。特に気になったのが『ギャラクシードーナツ』。銀河の様子を再現したデザインは本格的。あまりの美しさにうっとりしてしまうほど。ふわふわとした食感とやみつきになる甘さを楽しんでほしい。

上映会場はDOME2 「プラネタリウムドームシアター」

 カフェでの食事を楽しんでいると、上映時間が近づいてきた。通されたのは、DOME2 プラネタリウムドームシアター。このシアターには『銀河シート』と呼ばれる特別なシートが用意されている。ペアシートも全て満席となっていた。今回は一般シートで鑑賞。リクライニングができるので、無理な姿勢にならず作品を楽しむことができた。

プラネタリア TOKYO DOME2

 20時となり上映スタート。『おうし座』『みずがめ座』『おとめ座』のギリシャ神話にまつわる、ディープな恋愛事情の解説が始まった。