昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ディープな恋愛事情が……R18指定「オトナプラネタリウム」を体験してみた

2020/10/17

「吉田さん、オトナプラネタリウムを取材してみませんか?」

 担当編集からの突然の依頼。話によると、古代ギリシャ・ギリシャ神話研究家として活動している藤村シシンさんのツイートで、『R18オトナ♡プラネタリウム-古代ギリシャの恋愛博物館-』を知ったらしい。

 

 気にはなったものの、私の知識は20年以上前の小学4年生で行ったプラネタリウム館への校外学習で止まっている。

 事前学習としてホームページをチェック。そこには出演者3名によるメッセージが動画で掲載されており、シシンさんの堅苦しさを感じない作品紹介、YOUさんとバイきんぐ 小峠英二さんの「ゼウスが今、芸能界いたら即行干されますよ」という素直な感想が伝わってきた。そして、動画内のところどころに入るピー音。この正解を知るには、足を運ぶしかないと思い始めた。

YOUさん(左)と、バイきんぐ・小峠英二さん(右)

有楽町の「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」へ

 会場は、有楽町駅すぐにあるコニカミノルタプラネタリア TOKYO。本作品は20時スタートの1日1上映のみ。時間帯もオトナ仕様になっていた。

 プラネタリウムといえばカップルばかりかと思ったが、友人同士やお一人様の姿も多く、年齢層も幅広かった。

 ご時世的に気になるのは、新型コロナウイルス対策。鑑賞中のマスク着用や検温はもちろんのこと、座席に抗ウイルス・抗菌効果のあるコーティングを施したり、ドームの扉を開放するなど密な空間を作らない取り組みが行われていたので、安心して楽しむことができた。