昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《平手派また卒業》欅坂46・佐藤詩織が書いた「活動のなかで悲しかったこと」 櫻坂46の“急勾配”を運営も懸念

《皆さんこんばんは。今日はいつも応援して頂いている皆様にお伝えしたいことがあります。私、佐藤詩織は、ラストライブをもって欅坂46と共に活動に区切りをつけ、新しく歩んで行く櫻坂46には参加しないことを決めました。突然の発表で驚かせてしまったファンの方、ごめんなさい》

佐藤詩織 2020年6月22日の公式ブログより

 欅坂46の佐藤詩織(23)が自身の公式ブログで卒業を発表したのは、ラストライブの3日前のことだった。10月12日、13日に行われる欅坂46「THE LAST LIVE」を最後に卒業し、14日に誕生する「櫻坂46」には参加しないことになった。

倒れ込んだ平手に駆け寄って涙した

「佐藤の卒業は時間の問題と見られていました。というのも、佐藤は欅坂の中でも元センターの平手友梨奈(19)を信奉していたメンバーの1人で、『平手がいたからここまで欅坂は大きくなった』と公言して憚らなかったという経緯もあります。2015年の活動スタートから、徐々に精神的に不安定になっていく平手を支え続け、『黒い羊』のミュージックビデオ撮影では、倒れ込んだ平手に駆け寄って『よく頑張ったね』と涙を流したこともありました。

紅白リハーサルでの平手友梨奈 ©文藝春秋

 しかし、その平手がグループから脱退を決意した今年はじめ頃から佐藤は周囲に辞意を漏らしていたようです。モチベーションはほとんど燃え尽きていたと思います」(欅坂関係者) 

「センターが平手友梨奈の欅坂」が好きだった

 2018年4月11日の公式ブログには、その平手への敬意がストレートに表現されている。

《センターが平手友梨奈の欅坂46がわたしは大好きで、たまらなくカッコよくて、わたしここにいれてるんだ、良かったなとか、センターがてちだったら欅は勝っていけるんじゃないかとか、なんていうんだろう。どこか多分勝手に安心しちゃってる部分もあって。。てちは本当に天才で、やればできちゃう子なのかなとか勝手に思っちゃってたりもしました》

「てち」は平手の愛称、「勝つ」は欅坂用語で成功するという意味である。