昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

出資者逮捕も話題に…安倍昭恵夫人の「ウズハウス」で“3万円の部屋”に泊まってみた

2020/10/16

genre : ライフ, 社会, , 政治

 先日、GoToトラベルキャンペーンを利用して、山口県下関市のウズハウスに宿泊した。前首相夫人の安倍昭恵氏が、立ち上げに関わったことで有名なゲストハウスだ。最近では、IR汚職をめぐって出資者のひとりが逮捕され、ふたたび注目を集めている。

 よく知られるように、昭恵氏は、東京神田でUZUという居酒屋を経営している。店名は、日本神話の女神アメノウズメノミコトに由来するとか。筆者は複数回すでに訪問済みだ。

ウズハウス外観(以下、特記がないものは2020年10月筆者撮影)。

UZUオリジナルの「昭恵ちゃんシリーズ」

 店内のあちこちに安倍前首相のサインがあるのも目を引くが、やはり「昭恵ちゃんシリーズ」という飲み比べセットがインパクト抜群。同店オリジナルの「やまとのこころ」「アキエ80%」「あきえのつぶやき」という、話題にしてくれと言わんばかりの日本酒が出てくる。

 もちろん、いつも「『昭恵ちゃんシリーズ』で!」と頼むのだが、なぜか店員は「“ご夫人”がみずから育てた……」などと、けっして「昭恵ちゃん」と口にしない。“ご尊名”を申し上げるのが、畏れ多いのだろうか。

 それはともかく、肝心のお酒は、どれも口当たりがよく、飲み飽きないタイプ。最初はてっきり、ワイングラスが似合う、フルーティーで香り高く、思わず「非常にジューシー」と漏らしてしまいそうな、濃厚な口当たりを予想していた。いい意味で予想を裏切られたかたちだった。

UZUの「昭恵ちゃんシリーズ」(2019年9月筆者撮影)。

 なるほど、酒好きとの噂は事実なのだろう。ただし、“ご夫人”の好みを反映してか、どれも似たような味わいだったので、飲み比べの意味は少ないかもしれない。

「麻生さんはスゴイ!」の声をBGMに

 もっとも、酒の種類はこれだけではない。冬に飲んだ熱燗は、とくに当たりだった。おすすめの食べ物を聞いても、「厚揚げ」とまたシブい答えが返ってきて好感がもてる。グーグルマップの口コミでは政治的な嫌がらせをされているけれども、正直、やや値が張ることを除けば、飲み屋のクオリティーとしてはけっして悪くない。

 隣で、高そうなスーツを着た中高年が、ひたすら「麻生さんはスゴイ!」と神田ではあまり聞かない会話をしていたりするものの、ここまでくれば、それも店内BGMみたいなものだ。

 そんな筆者なので、当然、ウズハウスのことは知っており、いつか行かねばと思っていた。そこに、降って湧いた今回のGoToトラベルキャンペーン。「いまだ」とばかりに宿泊の予約を入れたのである。