昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

——文春オンラインです。9月30日渋谷のホテルに女性と行かれたのを覚えていますか?

「ああ、おそらく、はい」

——ホテルにはいった女性は彼女ですか?

「えっと……付き合ってはないです」

記者の直撃に答える稲葉 Ⓒ文藝春秋 撮影・細尾直人

——今付き合っている女性はいますか?

「何も言えないです」

——ホテルに一緒に行ったのはタレントさんですよね?

「僕の口からはちょっと……」

滝沢副社長とは「話し合いになると思います」

 渋谷でのホテルデートの話題になると、稲葉の口は重くなった。だが、記者が滝沢副社長の名前を出して聞くと、徐々に落ち着きを見せた。

記者の直撃に答える稲葉 Ⓒ文藝春秋 撮影・細尾直人

——今回の件、滝沢さんに?

「このあと文春さんから取材を受けたってことを事務所に報告させてもらうから、そこで話し合いになると思います」

——宮田会でも仲のよかった山本(亮太)さんの処分をどう思いますか?

「ネットでそのことを知ったんですけど、長い間、ずっと一緒にやってきたから、お互いの信頼関係もあったんで、こういうことになり、本当に残念です」

記者の直撃に答える稲葉 Ⓒ文藝春秋 撮影・細尾直人

「滝沢さんは僕たちのことも……」

——山本さん以外の、残された宇宙Sixの3人(江田剛、松本幸大、原嘉孝)をどう思いますか? 「MADE」がなくなったときのご自身の体験と重なりますか?

「そうですね……なんだろう、でも江田くんとかは僕より先輩なんで。なんか、そこは重なるっていうと、おこがましいというか、そういう感じです」

——滝沢さんに対して、Jr.内から不満は出ていませんか?

「うーん、でも本当に、下の下の(ジュニア)まで、滝沢さんは見てくださっていて、僕たちのことも目をかけてくださってますし、お仕事とかも頂いてるんで。だから、ちょっと、内部事情はそんなにわからないですけど、そんな事はないのではないかな。人によって考えも違うと思うので。僕自身は与えられた仕事を精いっぱいやらせて頂いています」

 稲葉はそう言うと、歩いて仕事現場へと向かっていった。

記者の直撃に答える稲葉 Ⓒ文藝春秋 撮影・細尾直人

 稲葉、須藤の両事務所に質問状を送り、交際についての事実確認を求めたが、期日までに回答はなかった。

 10月14日(水)21時から放送の「文春オンラインTV」では、担当記者が直撃動画と共に本件について詳しく解説する。

この記事の写真(29枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー