昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/10/30

京都はなぜ素敵なのか

 イメージしてほしいのが、京都って行くとなんか素敵ですよね。「なんか京都いいな、街の雰囲気がいいよな」という空気がなぜ存在するかといったら、論理と効率以外のものを大事にしてきた美意識があったから。目先の儲けで、ビルを建てたり大規模な開発をしたりせず、効率よりも美しさ、素敵さという数字にならないものをとても大事に積み重ねてきたから、あの「なんか素敵」が形づくられている。それが結果的に日本最大の観光資源になったことを考えると、いかに論理や効率を超えたクリエイティビティ、数値化できないものへの感性が中長期にわたる武器になるかが理解できると思います。

 

 本書は、クリエイティブな思考法のみならず、それをどうやって社会の中で実装するか、チームビルディングにまで踏み込んで論じています。クリエイティビティの高いチームづくりの方法は、時代を生き抜くための組織・会社のあり方を鍛えるものにもなるでしょう。この本が一人ひとりの人生の、仕事の、ひいては日本の未来を切り開く一冊となることを願ってやみません。

(写真:佐藤亘)

三浦崇宏(みうら・たかひろ)

 1983年東京都生まれ。The Breakthrough Company GO代表、PR/クリエイティブディレクター。博報堂・TBWA\HAKUHODOを経て2017年に独立。「社会の変化と挑戦」にコミットすることをテーマにThe Breakthrough Company GOを設立。「表現を作るのではなく、現象を創るのが仕事」が信条。ケンドリック・ラマーの国会議事堂前駅「黒塗り広告」、国内外で8つの賞を受賞した「WEARABLE ONE OK ROCK」、メルカリの新聞折込チラシなど、従来の広告やプロモーションの枠を超えたクリエイションが大きな注目を集める。日本PR大賞、カンヌライオンズPR部門ブロンズ・ヘルスケアPR部門ゴールド・プロダクトデザイン部門ブロンズ、ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSイノベーション部門グランプリ/総務大臣賞など受賞多数。著書に『言語化力』『超クリエイティブ』などがある。

INFORMATION

『超クリエイティブ』刊行記念!
三浦崇宏トークイベント 「人生を突破する『超クリエイティブ』の思考法」

イベント概要
日時:11月4日(水)20:00-21:00
チケット:無料
出演:三浦崇宏(GO inc.)
お問い合わせ:event@es.bunshun.co.jp
無料/事前申し込み制

お申し込みはこちらから。
https://chocreative1104.peatix.com/

 

この記事の写真(9枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z