昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

アジア諸国は反日? 親日? データが暴く日本の国際評価「ホントのところ」

2020/10/26

 日本は国際社会から一体どのようにみられ、そして、日本人の意識は国際社会と比べてどのような特徴があるのか。

 アジア各国の国民感情を比較した園田茂人『アジアの国民感情』(中公新書)から、データが暴いた日本の「ホントの国際評価」をみていこう。

 なお、使用されているアジア学生調査は、2008年(第1波)、2013~2014年(第2波)、2018~2019年(第3波)と3回にわたってアジア各国(日本、韓国、中国、台湾、香港、ベトナム、フィリピン、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシアなどが参加)の大学生を対象に行われた調査である。

データが暴いた日本の「ホントの国際評価」とは ©AFLO/©文藝春秋

 ◆◆◆

「日本の魅力」どう測る?

 そもそも日本の魅力は、どうすれば測ることができるのでしょうか。「日本に行きたい」「日本が提供する財やサービス、知識などを吸収したい」といった欲望を調べればよいのでしょうが、問題はこれをどうやって指標化するかです。

 この章では、海外の日本に対する評価と、日系企業への就職希望の有無、日本への留学希望の有無の3つを、日本の魅力を測定する尺度とします。

「日本の影響」は好ましい?

6-1 日本の影響への評価(2008〜18年)出典:アジア学生調査第1・第2・第3波調査
(6-1続き)出典:アジア学生調査第1・第2・第3波調査

 6-1は、自国に対する日本の影響を、国・地域ごとに時系列で示したものです。

 韓国と中国は、日本に厳しい評価をしているものの、それ以外の地域では肯定的な回答が多く見られます。また「わからない」という回答は、どの地域でも7%以下です。ロシアへの評価フィリピンへの評価とは違い、日本の影響が理解され、評価されていることがわかります。

 アジア学生調査第3波調査の対象となった10の国・地域で、対外認識で日本が最上位になかったのは韓国と中国、香港だけです。アジア域内で日本の国としての魅力は、相当に高いと評価してよいでしょう。