昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「日本に学んで日本を追い抜いた」享年78 韓国サムスン元会長“日本的オタク体質”の成功者

親子3代の日本留学。知日へのこだわりがサムスンを世界的企業に育て上げた

2020/11/02

source : 文藝春秋 digital

genre : ニュース, 社会, 国際

 このほど亡くなった韓国の大財閥「サムスン(三星)」グループの李健熙会長(享年78)に韓国メディアは「偉人」「巨人」「英雄」…などと最大級の賛辞を贈っている。「サムスン」を半導体やスマホ、家電などで世界的企業に育てた立役者だったからだ。韓国ブランドを世界に広げた人物として国家的英雄というわけだ。

 ところで「サムスン」の歴史は日本抜きには語れない。「サムスン」が「日本に学べ」で発展し大きくなったことはそれなりに知られている。しかし日本をよく知り、日本をバカにせず、慢心せず、最後まで日本に学んだからこそ、日本に追いつき、日本を追い抜くことができたのだ。

李健熙 ©共同通信社

 創業者の李秉喆は生前、新年は必ず東京に滞在し「東京構想」として経営戦略を練っていたことで知られる。後継者の息子・李健熙も韓国で「日本はもういい」といわれるなか、6年前に心筋梗塞で倒れるまで「日本には学ぶことがある。慢心するな」といい続けてきた。

「サムスン」の「日本に学べ」の象徴は親子3代の日本留学だ。初代の李秉喆と2代目の李健熙は早稲田で、3代目の孫・李在鎔は慶応で学んでいる。韓国の財閥トップで親子3代とも日本留学というのはない。息子や孫はその後、米国にも留学しているが、「サムスン」のトップはまず「日本に学べ」から人生をスタートさせてきたのだ。

李在鎔 ©共同通信社

 李健熙の死に際し韓国メディアは「日本に負けるな」「日本に追いつけ、追い越せ」の話に多く触れ、いわゆる「克日」の体現者としてもてはやしていたが、徹底した「日本に学べ」や「知日」へのこだわりにはそれほど関心を示していない。

小学生の時に見た力道山に憧れてレスリング部へ

 李健熙の少年時代からの友人は告別式の弔辞で、李健熙の思い出をこう語っている。

「高校時代にレスリング部に入った理由についてたずねたことがあるが、日本で数年過ごした小学生の時、プロレスの力道山の試合をたくさん見て尊敬したから、と語ってくれた」

「早稲田留学時代に彼の家に泊まったことがあり、よく夜通しラジオや電蓄(電気蓄音機)、テレビなどを分解しては組み立てていた。後に人生をかけることになる電子産業の基本を体験していたのだ」