昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《主婦ホスト漬け恐喝殺害》「ありえへん! あの女!」犯行前夜に“太宰府の女帝”が友人に明かした“下僕”への怒り

genre : ニュース, 社会

 2019年10月20日早朝、福岡県太宰府市の駐車場に停まっていた乗用車から、佐賀県基山町で夫と子供2人とともに暮らしていた主婦・高畑瑠美さん(当時36)の遺体が発見された事件。瑠美さんの遺体は無残なものだったという。(「ホスト漬け・同居・マインドコントロール」“太宰府の女帝”が普通の主婦(36)を“奴隷化”して暴行殺害するまで

 翌10月21日に、山本美幸被告(41)、岸颯被告(25)、田中政樹被告(47)らが死体遺棄の疑いで逮捕された。その後、瑠美さんを暴行して死亡させ、遺体を遺棄したとして、傷害致死や死体遺棄などの罪でそれぞれ起訴された。

 山本被告や岸被告の公判はまだ始まっていないが、2020年9月から田中被告の公判が開かれ、法廷でも徐々に事件の背景が明らかになりつつある。

山本被告(左)と瑠美さん(右)

瑠美さんを人質にして家族に金銭を要求

「山本被告は瑠美さんの実兄Aさんとの金銭トラブルをきっかけに瑠美さんに近づきました。その後、瑠美さんを家族から引き離し、岸被告とともに福岡県のアパートで同居を始めた。そして山本被告は瑠美さんをいわば人質にして、瑠美さんの家族へ金銭を要求したのです。瑠美さん自ら山本被告らの指示で、家族に金銭を要求していたこともあり、ある種のマインドコントロール下にあったとみられています」(地元紙記者)

 山本被告らと瑠美さんの奇妙な関係は、2人が通った中洲の歓楽街でもたびたび目撃されている。2人はあるホストクラブに週1回のペースで通い、1度に20万~30万円程度遣うこともあったという。ホストクラブの従業員Xさんは「美幸さんが瑠美さんをホストにハマらせて借金をわざと作らせていたんだと思います」と語っている。

ホストクラブで豪遊する岸被告(左)と山本被告(右)

「偉そうで鼻につく態度」犯行前夜の山本被告

 瑠美さんの遺体が発見された日の前々日から前日朝にかけても、山本被告の姿が中洲のバーで目撃されている。落ち着いた雰囲気のバーで一見の客が入ってくることは珍しいため、店主はその時の様子をよく覚えているという。店主は「山本は偉そうな態度で、鼻につく女性でしたよ」と不快な表情を浮かべ、当時の様子を明かした。

「ベロベロに酔っ払った山本が、田中と一緒にフラっと店に入ってきました。店に入るや否や、田中が『あんた知ってる!』と私の事を指差してきた。私は田中のことは知らないし、見た事もないのに。しかし田中は自信満々にそう言い放った後、酔っぱらって床に倒れ込んでしまいました」