昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ホスト漬け・同居・マインドコントロール」“太宰府の女帝”が普通の主婦(36)を“奴隷化”して暴行殺害するまで

genre : ニュース, 社会

 2019年10月20日早朝、福岡県太宰府市の駐車場に停まっていた乗用車から、佐賀県基山町で夫と子供2人とともに暮らしていた主婦・高畑瑠美さん(当時36)の遺体が発見された。

 翌10月21日に、山本美幸被告(41)、岸颯被告(25)、田中政樹被告(47)らが死体遺棄の疑いで逮捕された。その後、瑠美さんを暴行して死亡させ、遺体を遺棄したとして、傷害致死や死体遺棄などの罪でそれぞれ起訴された。

岸被告(左)と山本被告(右)。頻繁に中洲の歓楽街に通っていた

 遺体発見当時、瑠美さんの姿は無残なものだった。捜査関係者が語る。

ナイフや割り箸を突き刺された遺体

「バタフライナイフや割り箸などで下半身を突き刺され、手拳や木刀で殴られた跡もありました。暴行を繰り返し受けた挙句、外傷性ショックが原因で死亡したとみられています。暴行の現場となったのは、瑠美さんが山本被告らと約1カ月にわたって同居していたアパート。瑠美さんが亡くなると、遺体を乗用車に乗せ、発見現場まで運んだようです」(捜査関係者)

 殺害現場となったアパートでは、岸被告も同居していたという。家族がありながら、なぜ瑠美さんは赤の他人である山本被告らと暮らし、非業の死を遂げねばならなかったのだろうか――。

瑠美さんが山本被告と岸被告と同居していたアパート ©文藝春秋

 事件の背景には“金銭トラブル”があるという。地元紙記者は「当初、山本被告らは瑠美さんの実兄Aさんから金を脅し取っていた」と語る。

恐怖と暴力で縛り金銭を脅し取る

「まず、10年程前にAさんの同僚が山本被告から約50万円を借りるにあたって、Aさんが保証人になった。しかし同僚は姿を消し、Aさんがその借金を背負うことになりました。その後、山本被告は様々な理由をつけてどんどん借金の額を引き上げていきました。本来であれば支払う義務のない金額ですが、そこで登場したのが田中被告です。山本被告は田中被告を『ヤクザの幹部』として紹介し、Aさんを脅し、恐怖で縛り、“借金”から逃げられないようにしたのです」

山本被告(左)と岸被告(右)

 Aさんは昼も夜も働き続け、山本被告らから言われるがままに “返済”を続けたという。当時、Aさんは山本被告らから家族や親戚に連絡をとることを禁じられ、家族から孤立させられた。そこで次に山本被告らが目をつけたのがAさんの妹・瑠美さんだったという。