昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《伊藤健太郎釈放》“育ての親”マネジャーが初めて語ったやるせない思いと「憧れのキムタクへの裏切り」

「伊藤は木村拓哉さんのことが大好きで、芸能界に入ったのもキムタクへの憧れがきっかけです。子どもの頃から木村さんの出演するドラマはすべて見ていて、木村さんのファッションや何気ない仕草もついつい真似してしまうほどです。2018年の『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)に次いで、今春放送された木村さん主演のドラマ『教場』(フジテレビ系)で、再び木村さんとの共演も実現した。来春放送予定の『教場2』にも出演が決まり、既に自身の出演シーンは撮り終えていたというのに……」(テレビ局関係者)

 若手人気俳優の伊藤健太郎容疑者(23)が、ひき逃げの疑いで逮捕されたという一報が10月29日午前に報道されると、テレビ業界には激震が走った。

伊藤健太郎容疑者 ©AFLO

現場ではスマホをいじるなど飄々とした様子だった

 伊藤容疑者は10月28日午後5時45分頃、東京・千駄ヶ谷で国産の高級SUVを運転中に交差点で車をUターン。直進してきた男女2人乗りのバイクと衝突事故をおこしたが、伊藤容疑者はそのまま現場を立ち去ってしまった。バイクを運転していた男性は左腕打撲の軽傷、同乗していた女性は左足骨折の重傷を負った。

「逃走した伊藤の後ろを走る車がクラクションを鳴らしながら追いかけ、伊藤に事故現場に戻るよう諭したそうです。説得に応じ、事故現場に戻った伊藤でしたが、現場ではスマホをいじるなど飄々とした様子だった」(捜査関係者)

釈放され、謝罪する伊藤健太郎 Ⓒ文藝春秋 撮影・細田忠

 伊藤は取り調べに対し、「気が動転し、パニックになった」などと供述していた。そして10月30日午後8時過ぎに警視庁東京湾岸署から釈放された。黒のスーツとネクタイを着て、湾岸署から出てくると頭を下げ、「このたびは、自分が起こしてしまった事故のせいで、たくさんの方々にご迷惑をおかけしたことを深く反省しております。申し訳ありませんでした」と語った。

 自らハンドルを握り、事故を起こした伊藤容疑者だが、以前までは「運転が禁止されていた」と証言するのは、芸能プロ関係者だ。