昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

高橋幸宏・井上鑑ら名うてのミュージシャンとの“密な”レコーディング「音響ハウス」の日々

映画『音響ハウス Melody-Go-Round』ギタリスト佐橋佳幸インタビュー#1

2020/11/13

イベント性や楽しさが、録音の現場にもあっていい

――スタジオのスタッフは、いろんなミュージシャンとやっていくうちに育っていくものなんでしょうか?

 

佐橋 どうなんでしょう。やっぱり映画とかCMとかって、短い時間で大きなプロジェクトをこなしていかなくちゃならなかったりするじゃないですか。のんびりやっていないというか。だから、音響ハウスのスタッフは必然的に優秀になっていくんですよね。鍛えられて、質もレベルも非常に高い。

 レコード会社のスタジオもそういうところ、あるんですけどね。チーフエンジニアのかたが、下を育てていくという。でも昨今のインディペンデントな小さいスタジオはそういうのじゃなくて、派遣で来ている人がいたりする。そういうのは、はっきり言ってダメです。音響ハウスでは、そういうストレスにあったことがない。

――キビキビしてても、険悪というか殺伐とした雰囲気ではないんですよね。

佐橋 ぼくの現場にはそういうのないです。明るい現場ですから(笑)。ぼくはよく思っていることがあって……ライブとかツアーとか、お客さんを前にするからイベント性があるというか、楽しいじゃないですか。それがスタジオの、録音の現場でもあっていいよね、と。ぼくが仕切っている現場だとしたら、呼んでるミュージシャンとかスタッフの能力を最大限に引っ張り出すのが役目。だから「参加意識を持ってもらう」ということを考えてやっているかな。(後編へ続く)

 

編集・取材・撮影:市川はるひ

INFORMATION

映画『音響ハウス Melody-Go-Round』(監督:相原裕美)

 坂本龍一、松任谷由実、矢野顕子、佐野元春など日本を代表するアーティストたちがこよなく愛したレコーディングスタジオ、音響ハウスを主人公としたドキュメンタリー映画。忌野清志郎と坂本龍一がコラボした「い・け・な・いルージュマジック」制作秘話など、貴重なエピソードが語られるインタビューも収録。
11月14日(土)より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開

出演:佐橋佳幸、飯尾芳史、高橋幸宏、井上鑑、滝瀬茂、坂本龍一、関口直人、矢野顕子、吉江一男、渡辺秀文、沖祐市、川上つよし、佐野元春、David Lee Roth、綾戸智恵、下河辺晴三、松任谷正隆、松任谷由実、山崎聖次、葉加瀬太郎、村田陽一、本田雅人、西村浩二、山本拓夫、牧村憲一、田中信一、オノセイゲン、鈴木慶一、大貫妙子、HANA、笹路正徳、山室久男、山根恒二、中里正男、遠藤誠、河野恵実、須田淳也、尾崎紀身、石井亘<登場順>
onkiohaus-movie.jp
©2019 株式会社 音響ハウス

映画『音響ハウス Melody-Go-Round』(監督:相原裕美)

 坂本龍一、松任谷由実、矢野顕子、佐野元春など日本を代表するアーティストたちがこよなく愛したレコーディングスタジオ、音響ハウスを主人公としたドキュメンタリー映画。忌野清志郎と坂本龍一がコラボした『い・け・な・いルージュマジック』制作秘話など、貴重なエピソードが語られるインタビューも収録。11月14日(土)より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開

出演:佐橋佳幸、飯尾芳史、高橋幸宏、井上鑑、滝瀬茂、坂本龍一、関口直人、矢野顕子、吉江一男、渡辺秀文、沖祐市、川上つよし、佐野元春、David Lee Roth、綾戸智恵、下河辺晴三、松任谷正隆、松任谷由実、山崎聖次、葉加瀬太郎、村田陽一、本田雅人、西村浩二、山本拓夫、牧村憲一、田中信一、オノセイゲン、鈴木慶一、大貫妙子、HANA、笹路正徳、山室久男、山根恒二、中里正男、遠藤誠、河野恵実、須田淳也、尾崎紀身、石井亘 <登場順>
onkiohaus-movie.jp
©2019 株式会社 音響ハウス

この記事の写真(10枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー