昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

坂本龍一、矢野顕子、ユーミン、松たか子……「音響ハウス」はなぜミュージシャンたちに愛されるのか

映画『音響ハウス Melody-Go-Round』ギタリスト佐橋佳幸インタビュー#2

2020/11/13

 坂本龍一、松任谷由実、矢野顕子、佐野元春など日本を代表するアーティストたちがこよなく愛したレコーディングスタジオ「音響ハウス」。この老舗レコーディングスタジオ45年の歳月とその魅力を、そうそうたるミュージシャンとスタッフが語り尽くすドキュメンタリー映画『音響ハウス Melody-Go-Round』が11月14日(土)より公開される。

 映画公開に先立って、出演およびテーマ曲も作曲したミュージシャンでギタリストの佐橋佳幸さんに、音響ハウスの会議室にてお話をうかがった。音楽業界の点と点をつないで線にする存在の佐橋さん。前編の最後では、佐橋さんが仕切る録音スタジオの“イベント性ある明るさ”について語っていただいた。そして再び映画『音響ハウス Melody-Go-Round』テーマ曲のお話へ。

(全2回の2回目/前編を読む)

◆◆◆

佐橋佳幸さん

坂本龍一さん、坂本美雨さん、矢野顕子さんとの古い仲

――映画に登場する、佐橋さんの“明るくてイベント性のある現場”。このレコーディングで、当時13歳と特別に若いHANAさんもリラックスできたんでしょうか?

佐橋 HANAちゃんはずっと緊張していて。まず言ってることがわからなかったと思うんですよ。専門的な音楽用語はもちろんのこと、ぼくの名前も覚えられなかったかもしれない。多分、外国で育った人には「佐橋」は難しい名前だとも思います。だから人の名前を覚えるのも必死だったと思いますよ。

――じゃあHANAさんは、バイリンガルというよりは……。

佐橋 ほぼ英語のほうでしょう。お母さんとはロビーで英語で話してた。ぼくが無理して英語で頑張っても良かったんだけど。

――ちなみに、佐橋さんのCD『佐橋佳幸の仕事(1983-2015)~Time Passes On~』に、坂本龍一さん(坂本龍一featuring.Sister M)の「The Other Side of Love 」が収録されていましたが……。

佐橋 あれを録ったのは、ここじゃなく、今はなくなってしまったスタジオ。亡くなってしまったスカパラのドラムの青木くんとぼく以外は、全部教授(坂本さん)が1人で演奏してるのかな。

――当時高校生だったSister Mこと坂本美雨さんも、このレコーディングは緊張されてましたか?

佐橋 その日、ぼくは美雨さんに会わなかったんです。ギターの演奏は別の日に録っているから。だけど仮歌はもう、美雨さんの歌だったな。その声を聞きながら演奏しました。

 ぼくは、美雨さんを子どものときから知っていて、90年代の頭に仕事でニューヨークに行ったとき、ぼくはもう矢野さんとは仕事をしていて……教授とはまだ仕事をしていなかったのかな? 家に遊びに行ったんですよ。そのときまだ美雨さんは中学校に入ったばかりで、部屋で勉強をしてたな。

©2019 株式会社 音響ハウス

 そういえば、今年コロナの騒動になる直前にFMラジオの美雨さんの番組に出たときも、昔話に花が咲きました。