昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集女芸人の今

2020/11/15

 今いくよ・くるよさんとお仕事が一緒の時も、くるよ姉さんに「優しなったな。東京におる時は目ぇ怖かったわ」とか。ほんこんさんにも「お前、顔優しなったな」「みんなノイローゼやって裏で言ってたで」って。結構いろんな方に言われました。

 何でも冗談で言ってくれる吉本の人すら当時言ってくれなかったんだから、ガチだったんでしょうね。 

——ネタにもできないぐらいの。 

モリ夫 たぶんヤバかったんだろうなっていう。今は本当に周りが優しいし、自分も優しい(笑)。 

 

岡村さんの結婚、男女逆だったら  

——最近(ナイナイ)岡村さんの結婚が話題になりましたが、男性芸人さんが結構年下の女性と結婚するっていうのはあっても、逆ってないですよね。女性芸人さんが、すごい年下の男性と結婚するとか。 

モリ夫 そうなんですよね。もしそれあったら「だまされてるんじゃないの?」って思っちゃいますもんね。 

——自分自身がちょっと疑っちゃう。 

モリ夫 女芸人はそういう意味では損が多いですね。男芸人だったら面白くなくてもブスでも大体どうにかなりますからね、恋愛に関しては。女芸人はどうにもならないです。 

——その点では損が多い。 

モリ夫 だって、ブス、ブス言ってますけど、そこまでのブスっていないと思いますもん。光浦さんも普通にきれいだなと思って見てますし。スタイル抜群にいいし。 

——自らそれを請け負っているというところもあるのかもしれないけど。 

モリ夫 出てる人がかわいすぎる人ばっかりだからですよね。そこと比べられちゃうだけですよ。だって全てはテレビという狭い世界の中での話じゃないですか。 

 

写真=榎本麻美/文藝春秋

この記事の写真(10枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー