昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集女芸人の今

2020/11/15

意地悪な人には「テレビの世界しか知らないんだな」って

——でも、光浦さんのようにずっと気にかけてくれる人がいたり、スナックを開店すれば来てくれるお客さんがたくさんいるというのも、モリ夫さんの人徳なのでは。 

モリ夫 人徳ですかね(笑)。お母さん、ありがとう。

 私、結構真面目だと思うんですよ。あと吉本で育ったというのもありますよね。ずっと“後輩”をやってたので、何かあったら私すぐ動くんですけど、意外とそこ感動されるんですよね。「エッ、これって当たり前じゃないんですか」みたいな。 

——今はもう一般の方からひどいことを言われることはなくなりました? 

モリ夫 いまだにありますよ。一応私の店は会員制なんだけど、会員さんが連れてきたお客さんに「消えた人だよね」って言われるのなんかしょっちゅう。「そうです、消えました。だからお金ちょうだい」と言ってやってますけど。

 そういう人って、本当にかわいそうじゃないですか。「テレビの世界しか知らないんだな」って。本当に極一部じゃないですか、テレビって。 

 

——「一発屋」って蔑む響きありますけど、実際テレビで一発打ち上げられる人なんて本当にわずかで。 

モリ夫 本当に。私、コウメ太夫さんの生き方がうらやましくてしょうがないんですよ。「チクショー」の着ボイスで儲けて、今、家賃収入ですもんね。最高ですよ。しかもメイク取ったら誰か分からないじゃないですか。 

——モリマンさんはご自身では一発屋だと思いますか? 

モリ夫 一発屋だとは思ってないですよね。ギャグとかないんで。一発屋って、記憶に残るネタとかギャグとかがあって初めてそう呼ばれると思うので。私たちは一発屋にすらなれてない。 

伝説の対決は「本当にありがたかった」

——『ガキの使い』での(月亭)方正さんとの対決は、視聴者にとっては忘れられない「伝説」だと思います。 

モリ夫 あれは本当にありがたかったです。未だに「見てたよ」って言ってもらえるので。 

——モリ夫さんはどのような気持ちで方正さんとの対決に臨んでいたんですか? 

モリ夫 私、ダウンタウンさんは私たちみたいな芸人は絶対嫌いだろうと思ってたので、ドッキリか何かじゃないかなって正直思ったんですよ。内容聞いても意味が分からないし。パンツを脱がし合うって……。そうしたら、あれよあれよというまに第2弾、第3弾となり、気づいたら後楽園ホールになって。 

 

——当時の私も笑いながら見ていましたが、でもちょっとどこかで「なんでモリ夫さんにここまでやらせるんだよ」みたいな感じもあったんです。それは同性だからなのか。 

モリ夫 でもあれ、実は私、そんなにつらくないんですよね。よく「ゴボウって痛いの?」って聞かれるんですけど、そんなに当たってない。あんかけも、ちょっとぐらいかぶりますけど、言うほどかぶってない。ただ、ボッコボコに煮てるのは見てるから、本当に熱いんだろうなと思いましたけど。 

——仕事自体はつらいとは感じてなかったんですね。 

モリ夫 はい。むしろありがたい話で。あれは方正さんがほんとにしんどいだけで。私は楽しかったです。あの仕事の話が入ったらうれしかった。