昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集女芸人の今

2020/11/15

方正さんが腫れた顔で「ありがとうな」って

——ダウンタウンさんとはどんなお話をされましたか? 

モリ夫 全然。緊張して、あいさつぐらいです。本当にお優しい先輩です。私が初めて会った時は「尖ってる」って言われていた時代でしたけど、最初から優しかったですね。 

——なぜあの企画はモリ夫さんだったんでしょうか。 

モリ夫 単純に私が強かったというだけの話だと思います。しかも、格闘経験なしでやってるから、面白い。

 格闘家の方が見れば分かるんですけど「あれ、本気だよね」って。本気なんですよ。ちょっとでも習ってたら、逆に手を抜いたり見せ場を作ったりすると思うんですけど、それができないから、お互いマジで必死なんです。そこが世間的に面白かったんだと思う。 

 

——対戦後、方正さんとはどんな話をされましたか? 

モリ夫 「ありがとうございました。お疲れさまでした」って言いにいくと、方正さん腫れがメッチャ出ててね……その顔で「ありがとうな」って。 

——かっこいいな、方正さん。 

モリ夫 私目を合わせれなかったです、ほんとに。つらい、と思って。私方正さんのことはほんとうに尊敬してますから。大好きな先輩です。 

やっぱり自分を信じるのが一番いいと思います

——今のモリ夫さんに、東京のテレビはどのように映っていますか? 

モリ夫 これが、見てないから本当に何とも言えない(笑)。 

——そこも昔から一貫してる。 

モリ夫 Amazonプライムは見てるんですけど、それも映画とアメリカのドキュメント番組ばっかりだなぁ。そう考えると、私はほんとうに何も知らないからあんなことが出来たんでしょうね。ガチガチに知識があったら「これはやっちゃダメでしょ」ってなっていたはずです。 

——まさに今、女性芸人は数もタイプも増えて、徐々に成熟してきて、だからこそ「女芸人の笑いってこれでいいの?」という壁にぶち当たっている方も多いんだと思います。 

モリ夫 売れたいなら求められているものをやるべきですけどね。商業的に考えたらそう。でも、自分がそうじゃないと思うんだったら、そこは反発してでもやるべきじゃないし。

 どこに魂を売るかですよね。恥ずかしくないんだったら言うことを聞いてやればいい。だって、そこに需要があるんだから。その代わり、その商品はすぐ飽きられるかもしれない。

 でも、私は……やっぱり自分を信じるのが一番いいと思いますけどね。自分のことは自分が一番分かってるんだから。それでダメだったら、あきらめがつく。でも他人に言われたことをやってダメだったら、もう当たりどころがなくなってしまうから。 

 

——誰かのせいにはしないほうがいい。 

モリ夫 ただ、「時代」が(自分のやりたいことを)やらせてくれないのはちょっとかわいそうだなと思いますけど。でも今はYouTubeとか別のコンテンツもあるから、そこでやればいいんですよ、本当に好きなことは。 

今は芸人をやめる気はまったくない

——東京から北海道に帰った時に、芸人もやめようとは考えなかったですか?  

モリ夫 東京にいる時も何回かやめたいなとは思ったんですけど、やめてから何ができるんだろうと思ったら、ちょっと怖くてやめられなかったです。あと、もったいないというのも単純にあって。ただ、今は全くやめる気はないですね。