昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「トランプ氏は〈闇の国家〉と闘っている」

「Qアノン」とは、アメリカの機密情報を知る当局者と自称する「Q」なる存在が、インターネットの匿名掲示板で発信した情報を信じている人だ。そのスタンスは反民主党、反リベラル、そしてトランプ氏を熱狂的に支持というものだ。

「トランプ氏はアメリカの政治を陰で操る〈闇の国家〉と闘っている救世主だ」

 ではトランプ氏が選挙で敗れてしまえば、話は終わり、そうした陰謀論は消えてなくなるかといえば、そうではない。

 なぜなら、すでにQアノンはアメリカ中央政界を侵食しているからだ。

Qのマークを掲げるトランプ支持者

 大統領選と同時におこなわれた連邦下院議員選で、Qアノンの信奉者とみられるジョージア州から出馬したマージョリー・テイラー・グリーン氏が圧勝。彼女以外にも、Qアノン支持を明言こそしないものの、その影響を受けているとみられる当選者が、複数、出ると報じられている。

“陰謀論”がワシントン中枢に入り込んだ

 上述の渡辺教授は、「文藝春秋」12月号において、こう述べている。

「これまでは陰謀論的な勢力に加担してしまうと、さすがに広範な層からの支持が得られず、選挙に勝てないとされてきました。

 そのため陰謀論は政治の世界から排除されてきましたが、それがワシントンの中枢に入り込んでしまった。これはアメリカの歴史において、初めての事態ではないでしょうか」

 その上で、こう指摘した。

「Qアノンを生み出したアメリカの社会・政治状況は当面、続きます。Qアノンの台頭は、選挙の結果そのものよりも、ある面では重い現象だといえるでしょう」

 では、なにがQアノンを生み出したのか。その背景には被害者意識があると、渡辺教授は指摘する。