昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載完全版ドキュメント・北九州監禁連続殺人事件

2020/11/17

genre : ニュース, 社会

「あいつは弱いものいじめばかりやっていた」

 同じく、松永と小中学校の同級生だったBさんは次のように思い出す。

「中学校時代、松永は背も高く運動神経も良かったのですが、女の子にはまるでモテませんでした。というのも、あいつは弱いものいじめばかりやっていたんです。自分より弱いやつを子分にして、無理やり牛乳を飲ませたり、パシリにしたりしていました。そういう卑劣な性格が女子にもバレていたようで、決して顔は悪くないのに嫌われてました」

 どうやら松永は、強い相手には弱く、弱い相手には強いという顔を見せていたようだ。当時、松永よりも強い立場だったと周囲に聞いた、小中学校同級生のCさんは語る。

小学生時代の松永太死刑囚(小学校卒業アルバムより)

「(松永は)小学校とか中学校は普通の子やけん。中学時代はね、人よりか人に接する能力が長けとったくらいよ。やけん口が上手かったとかの話が出るんやと思う。そんなに暴力的な感じやなかったね。小中学校では不良ではないね。松永くんはまったくそういうレベルじゃないとよ。

 高校で覚醒しとるんよ。それも、喧嘩とかで人の上に立つとかの高校には行っとらんけんね。存在感っつうのはなかったよ。中学校で目立った存在やなかったもん。全然。成績は良かったけど、ずば抜けてはおらんかったね。(松永が進学した××高校は)成績が中くらいのが行くと。ただ、口が達者というのは中学時代からあった。それは個性やった。先生やらに討論をしかけるとかね。いろいろ理屈をふっかけて、あーだこーだ言いよったよ」

「父親はおとなしいもん。母ちゃんはガーガーガーってタイプ」

 Cさんは松永の家にも行ったことがあると明かす。

「そんなに頻繁やないけど、中学時代から行きよったね。あいつの部屋は1階の玄関から入ってすぐ左にあると。窓が道に面しとったけん、そっから入ったりとか。あそこの母親はね、なんかがあったら表に出てきて、ガンガン言う母親よ。そういう意味で、松永は母親似よ。父親はおとなしいもん。母ちゃんはガーガーガーってタイプやった。

 商売は布団屋やったけど、正確に言うと、おじいさんがやりよったのは行商やったと。あの地域は5~6人はそういう行商がおって、『行商さん』と言われとったとよ。白か(白い)バンに布団とかゴザとかを乗せて、家をまわって、いかがですかって。壱岐(長崎県)とかまで行きよった。やけん、とくに店舗とかはないと」

 こうした周辺の声を集めると、弁護側の冒頭陳述で出てきた内容と事実に、乖離があることを感じずにはいられない。

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー