昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ジャニーズの肩書きを失った山下智久」ファンがいちばん恐れているシナリオとは?

2020/11/17

 2020年11月10日。文春による報道から遅れること数時間、山下智久さん(35)のファンクラブ会員の元に、「ファンクラブ会員の皆さまへご報告」なるメールが届きました。本メールの受信時刻は20時5分。暗黙の了解として、ジャニーズが夜に放つメールの朗報率は、とても低いです。

山下智久 ©GettyImages

 メールに記載された会員ページに飛ぶと、山下さんが10月31日をもってジャニーズ事務所を退所したこと、理由はオファーを受けた海外作品に参加するためであること、ファンクラブ終了に伴う会費返金の案内、そして山下さんからの「ファンの皆様へのご挨拶」が記されていました。

 会員ページは11月30日まで閲覧でき、また11月以降の年会費は返金されるそう。すでに退所したタレントのページを引き続き公開するのは、いわばロスタイムのような措置と言えるでしょう。

いちばん怖いのは“会えなくなる”こと

「事後報告ではなくなぜもっと早く、本人や事務所から発表できなかったのか?」という不満がまったくないと言ったら嘘になります。

 ただ、タレントが事務所を離れる際にファンがいちばん恐れるのは“会えなくなる”こと。山下さんの場合はすでに海外映画やドラマ出演を決めていて、約500万人ものフォロワーを抱えるインスタグラムもあります。山下さんは退所後すぐに「今後の活動に関しては、準備が整い次第インスタやSNSを通じてお知らせする」旨を発信し、“会えない”ことへの不安は早々に払拭してくれました。

2019年5月22日のインスタグラムでは、アメリカでの活動を共にするウィル・スミスとのツーショットを投稿

 事務所の枷を外してこそ飛べる空もあるし、間髪入れず新活動にシフトできるのは彼の大きな強みでしょう。