昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

日本で一番売れている辞書“新解さん” 9年ぶり改訂で「忖度」の用例が変化していた!

『新明解国語辞典』第八版発売 #1

2020/11/23

“新解さん”の愛称で知られる『新明解国語辞典』。9年ぶりの改訂版となる「第八版」が11月19日に発売となった。人間臭くて、読んで楽しい辞書といわれる“新解さん”は、新版で何に興味を持ち、何に怒っているのだろうか――。

 赤瀬川原平氏のベストセラー『新解さんの謎』の担当編集者であり、自身も『新解さんの読み方』『新解さんリターンズ』(夏石鈴子名義)を出版した鈴木マキコ氏が、いち早く第八版に目を通して、読みどころをレポートする。

©️文藝春秋

◆◆◆

「さおのように伸びたりする部分」とは?

 11月19日木曜日いつもより30分早く家を出た。向かうのは神保町・三省堂書店本店。

 待ってました、新解さん。八版が出るんだね。9年ぶりの改訂だ。ずっと楽しみにしていました。七版から何がどう変わったのか調べたい、そして八版はどの言葉を最初に引こうかな、と何度も何度も考えていた。きのうは、あまり良く眠れなかった。

 新解さんの本名は、新明解国語辞典(三省堂刊)といって、パンフレットには『日本で一番売れている国語辞典!』と大きく書いてある。

「日本で一番売れている国語辞典!」ということは、地上で一番売れている日本語の辞典ということだ。わー、かっこいい、新解さん。よ、日本一!

©️文藝春秋

 そうです、新解さんは売れると思いますよ。何も不思議と思わない。もっともっと新解さんが売れて、日本の経済が回るといいと思う。みなさん、新解さんの八版を買いましょう。

 新解さんとわたしが最初に会ったのは、中学2年生で13歳の時だった。クラスの男子に、

「辞書貸して」

 と、言われたので、

「いいよ」

 と、渡しました。

 しばらくしたら、その男子は、

「時を置いてだぜ」

 とか、

「さおのように伸びたりする部分だぜ」

 と言って、ひいひい笑うのでした。