昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/11/23

消された「愛人」のナゾ

 最初のうちは、新解さんに口答えばかりしていましたが、最近は、「ふーん、新解さんがそう思いたいなら、わたしはそれでもいいよ」と、思うことも多くなりました。

 例えば、「凡人 自らを高める努力を怠ったり功名心を持ち合わせなかったりして、他に対する影響力が皆無のまま一生を終える人。〔家族の幸せや自己の保身を第一に考える庶民の意にも用いられる〕」

 はい、みなさんどうですか。ちょっと周りをきょろきょろしたくなる。凡人、結構じゃないですか。悪い人ではなさそうです。新解さんには、かぞえ方の欄もあるのだけれど、「凡人一人」とは出てこない。

©️文藝春秋

 あるいは、「のろける 妻(夫・恋人)との間にあった(つまらない)事を他人にうれしそうに話す。」と、ある。

 まず、ここで注意すべきは、新解さんは「他人にうれしそうに話」している側なのか、それとも「(つまらない)事」を聞かされている「他人」なのか、一体どちらなのかはっきりさせる必要があるということだ。のろける人は「これはつまらない事だよ」と自覚しながら話さない。それに、苦しい顔でのろける人も、あまりいない。

 だから、このような語釈が生まれる条件としては、(1)ある人が新解さんに対して、のろける。(2)その話はつまらない。(3)新解さんは、その話を聞きつつ、相手の様子を「うれしそうに」と冷静に観察出来る目を持っている。

筆者が作成しているメモ ©️文藝春秋

 更に、これも大切なことなのですが、八版では「妻(夫・恋人)」の順になっていますが、初版(昭和47年刊行)から11月18日まで出回っていた七版では、「妻(夫・愛人)」だったのです。

 改訂ということは、新しい言葉を加えるだけではなくて、時代と世間の空気を吸い、それを正しく感じて、丁寧に中身を変える、ということだ。

 そう、今は愛人の存在が許されない時代なのかもしれません。それとも、新解さんは初版からずっと一緒だった愛人と、お別れしたのかもしれない。とにかく、八版では、愛人との間にあったことは、もうのろけないことになりました。改訂って、大変なことだ。読む方もじっくり読んでいかないと、いけないです。