昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ゆるふわスターAYAKAの努力、希代の歌姫MIIHIの友情……いまさら聞けない「NiziU」の本当の魅力《祝・デビュー!》

いまさら聞けないNiziU #2

2020/12/02

 12月2日にデビューシングル「Step and a step」をリリースするNIziU。11月25日に公開したM/Vは初日に1000万再生を突破し、年末には紅白初出場を控えているNiziU。この記事では「周囲で盛り上がっているので、デビューまでに基礎知識を身につけておきたい」という人向けに、前編に引き続きNiziUのメンバーをご紹介します。

デビューシングル「Step and a step」はYouTubeで1000万再生を突破(グループ公式インスタグラムより)

 前半では、MAKO(マコ・19)、RIO(リオ・18)、MAYA(マヤ・18)、RIKU(リク・18)の4人について紹介しましたが、後編ではAYAKA(アヤカ・17)、MAYUKA(マユカ・17)、RIMA(リマ・16)、MIIHI(ミイヒ・16)、NINA(ニナ・15)の5人を紹介していきます。

抜群のスター性で不合格を合格に変えたAYAKA

 人気K-POPグループmiss Aの元メンバー・スジ似のビジュアルや、その雰囲気から、男女問わず高い人気を誇っているのがAYAKAだ。

AYAKA(公式サイトより)

 地域オーディション最終審査の段階では、ダンスもボーカルも合格レベルには到底及ばなかったが、J.Y. Parkは「実力で判断したら不合格にするのが当然だけど、家に帰っても新井さん(AYAKA)が頭から離れないと思います」と合格判定を出した。Nizi Project開始当初からスター性は抜群だった。

 その後、東京合宿でのスター性審査において「少し変わったテニス講座」のパフォーマンスで可愛らしさを存分に発揮し、J.Y. Parkだけでなく会場にいた参加者一同の心を鷲掴みにするという天賦の才も見せている。

スター性に甘えず、実力不足を努力で克服

 しかし彼女の魅力は、生来のスター性だけではない。持ち前のスター性に甘えることなく、負けず嫌いな性格とガッツを発揮して練習に打ち込み、力量不足が指摘されていたダンス・ボーカルにおいても目覚ましい成長を見せた。

 Nizi Project後半で、J.Y. Parkが一同にこんなことを言ったことがあった。

「誠実とは、自分との戦い。毎日するべきことをすることです。自分自身にムチを打って、歌の練習、ダンスの練習、語学の勉強などを続けていたら、それが積み重なって君たちの夢を叶えてくれます」

 AYAKAはこの言葉を聞いて「自分は努力でアーティストになってみよう」と決めたと語っている。

NiziU(グループ公式インスタグラムより)

 その言葉通りにAYAKAは着実に成長し、J.Y.Parkにも「アヤカさんは本当に頑張っているのが見えます。ミッションを重ねるごとに成長が見えます。ガールズグループのメンバーとして『スターになれるのではないか』という確信が初めて持てました」と認められるに至った。

 実力不足が心配だったが、努力で堂々のメンバー入りを果たしたAYAKA。いまだに一曲ごとに伸びていっているように感じる。彼女は“成長の幅”が大きい魅力だ。

おさえておきたい動画はこちら
・初登場シーン
https://youtu.be/C6MkfQwKzgQ?t=549
・東京合宿 スター性審査
https://youtu.be/RNeC1T_EAL8?t=425

初登場シーン
東京合宿 スター性審査