昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

スタイリストに暴言パワハラ、メンバーいじめで脱退……荒れるK-POP業界が「NiziU」に注目する理由とは?

2020/11/04

「NiziUを生み出したプロデューサー、パク・ジニョン(J.Y.Park)氏は、能力がいくら優れていても、『人柄』で議論を呼びそうな人物はメンバーに選抜しないことを原則としています。Nizi Projectでも『人柄』が選抜基準として強調され、JYPの原則が忠実に反映されている。そのため人格的に問題のない人物がNiziUのメンバーとして選抜されたはずです。

韓国でもその選抜方法が関心を持たれている「NiziU」(NiziU公式Twitterより)

  ただ、デビュー後、いきなり人気を得ることで、最初の志を保つことが難しくなることもある。所属事務所も教育面などでサポートするでしょうが、初心を保てるかどうかは結局、個人に懸かっている。NiziUにはオーディションに参加した時の謙遜さ、ファンを大切さに思う気持ちを忘れずに活動してほしい」

  12月2日に正式デビューを果たす日本人9人組グループ「NiziU」についてこのように語るのは、韓国の大衆音楽評論家、ファン・ソノプ氏だ。

  いま、韓国のK-POP業界では、韓国社会でのアイドルの“人格”が問われる事件が相次ぎ、社会問題化している。その背景には、K-POPアイドルの育成システムの問題が指摘されている。

「NiziU」ミイヒの休養を伝える韓国・スターニュース(10月23日)。彼女たちの動向は韓国メディアでも報じられている

スタイリストが告発した「パワハラ」

〈アイリーンがRed Velvetのメンバーとして活動を続けるならば、今回の事件のレッテルが貼られ、グループのイメージへの打撃は避けられません。アイリーンが今後グループ活動を続けるのは極めて不適切だと判断し、一日も早くRed Velvetから脱退することを強く求めます〉

 人気女性K-POPグループ「Red Velvet」のファンサイトが、リーダーのアイリーン(29)に脱退を求める声明を出したのは10月22日のことだった。グループを誰よりも大事に思い、応援しているはずのファンサイトの“脱退要求”はなぜ起こったのか。