昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《ついにデビュー!》完璧リーダーMAKO、お母さん的存在MAYA……「NiziU」メンバーの魅力を完全解説

いまさら聞けないNiziU #1

2020/12/02

 12月2日、ついにデビューシングル「Step and a step」をリリースするNiziU。11月25日に公開したM/Vは初日の時点で1000万再生を突破。そして年末には紅白初出場を控えているNiziU。

 人気がどんどん高まっている「NiziU」だが、どんなメンバーがいるのかご存じだろうか。いまやあまりに人気が出すぎて、「今さら人にはちょっと聞きづらい……」という方もいるだろう。そんな方に向けて、彼女たちの魅力をひとりずつご紹介していきたい。

 NiziUを形作る9人の個性豊かなメンバーのなかには、“推し”がきっと見つかるはずだ。

デビューシングル「Step and a step」

1万人以上から選ばれた9人

 NiziUについて知る上で、まずはNiziUが選ばれた「Nizi Project」について概要をおさえておきたい。Nizi Projectとは、韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメントとソニーミュージックの合同グローバル・ガールズグループオーディションだ。日本全国8ヶ所・海外2ヶ所で開催された地域オーディションには1万人以上が参加し、最終的に9人のメンバーが選ばれた。

 Nizi Projectは2019年夏から約1年間にわたって、[STEP.1]地域オーディション1日完結→ [STEP.2]東京合宿(4泊5日/26人参加)→[STEP.3]韓国合宿(6ヶ月間/13人参加)が行われました。その様子はオーディション番組「Nizi Project」としてHuluにて全20回にわたって配信されている。

 なお、「Nizi Project」はHuluに加入していなくてもYouTubeでPart1、Part2ともほぼ同じ内容を視聴できる。参加者たちが懸命に夢をつかもうとする姿や、プロデューサーJ.Y. Parkの厳しくも温かみのある言葉にきっと心を打たれるだろう。

NiziU(グループ公式インスタグラムより)

オーディション中も支え合い絆を深め合ってきた“仲間”

 最終的に選ばれたメンバーは年齢順に、MAKO(マコ・19)、RIO(リオ・18)、MAYA(マヤ・18)、RIKU(リク・18)、AYAKA(アヤカ・17)、MAYUKA(マユカ・17)、RIMA(リマ・16)、MIIHI(ミイヒ・16)、NINA(ニナ・15)の9人。本来はデビューの座を競い合うライバルであったはずの彼女たちだが、オーディション中も決して険悪な雰囲気にはならなかった。チーム課題における助け合いや宿舎での共同生活などを経て、お互いを支え合う存在として絆を深め合ってきた“仲間”だ。

 そういう雰囲気になれたのはスタッフ側の持っていき方も上手かったのだろうが、彼女たちのパーソナリティによるところも大きかった。そんなメンバーの魅力を振り返ってみよう。