昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

藤井 ハハハ。今のVRじゃないですか。もう一つ、今度はARをちょっと使ったのもあって、それもまた知り合いのラッパーのPUNPEEくんの……。

 えー、仕掛けるな、ラッパーの人!

※LIVEWIRE PUNPEE Sofa Kingdomcom

スペースシャワーがプロデュースするオンラインのライブ配信プラットフォーム、ライブ・ワイヤーでラッパー・PUNPEEが行った、ARを駆使した生配信ライブ。空間がサファリパークになって象が出現したり、PUNPEEが水の中に入って歌ったりと、超進化系の生配信ライブとなった。

 やばいやばいやばい。VRもARも知ってんのに。それだけじゃもう追っつかない感じあるね。

藤井 収録したものに合成するのは理屈もわかるんすけど、カメラの台数もあんだけあって、スイッチングしていってもちゃんと同じ場所にあるとか、生でここまでのクオリティでやるのは、映像をやってる僕らからしてもすごいなとは思いました。

©️MBS

藤井 PUNPEEくんのライブに、一瞬メテオくんも出てますからね。

 そうなの? 想像つかないんだけど。

藤井 ハハハ! チラッと。

「zoom耐久不眠対決 ~起きている人が1人になるまで生配信~」

藤井 我々もやっぱりコロナの中で色々考えはしたので、そんな中で思いついたコンテンツが、「zoom耐久不眠対決 ~起きている人が1人になるまで生配信~」です。僕らも会議で、触れ合っちゃいけないっていうことばっかり考えたんで、「不眠対決意外と面白いんじゃない?」みたいな、「何も起きない面白さ」を出そうと。部屋の画しか出てこないんで、退屈なんでテレビに向かないなと思っていたんだけど、でもやるなら今だしと。よかったらネットの生配信、誰かいかがですか?みたいな形でTwitterに僕が書いたら、バビロンという吉本の芸人さんが「やらしてください」と。

 へー。

藤井 僕は渡しただけ。演出したわけじゃないんですけど。

 まあ生配信の方がいいよね。

藤井 ずっとは見れないけど、テレビをつけたら「あ、まだやってんな」みたいな。

 ハハハ。

藤井 見る方も割と家にいる時期だったので、家にいながらダラダラ見るコンテンツとしては、悪くなかったなっていう。

「zoom耐久不眠対決 ~起きている人が1人になるまで生配信~」を見る2人 ©️MBS

 へーめっちゃオモロいな。思ってたより寝ないんだね。

藤井 50時間くらいはいけません?

 いけないな。無理よ。モチベーションがないしね。

淳・藤井 ハハハハハ。 

 やっぱり若手芸人のストイックさっていうのは見習わないとなと思ったね。

藤井 彼らそんなに有名な人はいないですけど、それでもやっぱり長く見てるとキャラクターができてくノリがちょっと面白かったりとか。テレビしかなかったら成立しないけど生配信でやる分には成立してたな。いや、本当はやっぱ有名人で乃木坂46とかにやってもらいたいですね。ちゃんと100万円とか、お金をかけて。

淳・藤井 ハハハハ。

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー