昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

小室圭さんと眞子さま「一発逆転」の難しさ 国際弁護士取得でも米エリート街道は“レッドオーシャン”

「私の同級生たちを見ても……」

2020/12/06

genre : ニュース, 社会

 11月30日に55歳のお誕生日を迎えた秋篠宮さまが、会見で眞子さまと小室圭さんの「結婚を認めるということです」と発言され、波紋が広がっている。

©JMPA

 文春オンラインでは11月13日に眞子さまのお気持ちが発表されたことを受け、11月14日より12月1日まで「眞子さまと小室圭さんの結婚についてどう考えますか?」というアンケートを行った。その結果、同様のアンケートを行った昨年に引き続き、過半数が「待つべき」と回答している。

眞子さまと小室圭さんの結婚についてのアンケート結果 ©文藝春秋

 なぜ国民は眞子さまと小室さんの結婚に慎重姿勢なのか。小室さんが取得を目指している「国際弁護士」という資格はどのようなものなのか。そして、上皇さまと美智子さまのご成婚から続いてきた、「皇室の自由恋愛」とはどのようなものなのか。

 ハーバード・ロースクール留学を経てニューヨーク州弁護士資格を取得し、現在は信州大学特任准教授として「家族法」を研究する山口真由氏に聞いた。

◆ ◆ ◆

 眞子さまと小室圭さんにしてみればお節介に映るでしょうが、国民感情としては「眞子さまのことを自分の妹や娘と重ねて心配している」のが率直なところだと思います。幼い頃から成長を見守ってきましたし、優等生というイメージもありました。眞子さまに幸せになって欲しい、という気持ち自体は偽りのないものです。

 結婚は人生の大きな節目ですから、本来であれば眞子さまが選ばれた方と結婚されるのが望ましいのはもちろんです。しかし「この結婚はうまくいかないのでは」という懸念が大きくなれば、結婚自体への批判に繋がる。今の世論は、まさにその状況だと思います。

2017年9月3日、婚約内定記者会見での眞子さまと小室圭さん ©JMPA

問題は弁護士資格取得よりも「就職」

 国民がお二人の結婚生活の行方を心配する理由の1つに、小室さんの経済力についての懸念が挙げられると思います。

 現在、小室さんは国際弁護士の資格を取得するためにアメリカのフォーダム大学に留学をしています。しかし無事資格を取得できたとしても、経済的に自立して生活していくのはそんなに簡単な話ではありません。私のハーバード時代の同級生たちを見ていても、弁護士資格が全てを解決するとはとても思えないのです。

 実は小室さんが目指しているニューヨーク州の弁護士資格の試験は、日本の司法試験ほど難しいものではありません。ですが問題は、資格を取った後の「就職」にあります。

関連記事