昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

文在寅、支持率急落のピンチ…慰安婦問題、“第2の徴用工裁判”化の兆しも

2020/12/09

 文在寅大統領の支持率が37.4%に急落。岩盤といわれた40%を割り込んだ(世論調査会社「リアルメーター」12月3、7日)。

 不動産政策での失敗で低空飛行を続けていたが、さらに追い打ちをかけたのは、秋美愛法相と尹錫悦検事総長の熾烈なバトルだ。

 事態は、「尹検事総長、懲戒か否か」という最大のヤマ場を迎えている。

尹錫悦検事総長 ©️時事通信社

秋法相vs尹検事総長に見えたが、実は……

 秋法相と尹検事総長の対立は、子女の入試疑惑などで辞任した曺国前法相の後任として秋法相が今年1月に就任して以来、ずっと続いてきた(1月17日掲載記事参照)。

  尹検事総長の側近らを人事異動で左遷し、政府関係者が損失を出したファンドへの関与疑惑の捜査では捜査指揮権を剥奪するなど、秋法相の一連の動きは野党などからは「露骨ともいえる尹検事総長追い出し」と批判されたが、与党からは「検察改革の一環」と擁護されてきた。

 そして、11月24日。秋法相が尹検事総長へ懲戒請求を起こし、「職務執行停止」を命じると、事態は急展開へ。

文政権と対立する検事総長の側近を左遷した秋法相 ©共同通信社

 刻々と状況が変わる中あぶり出されたのは、文大統領VS尹検事総長という構図だった。流れをざっと整理してみよう。