昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/12/16

 そして最後になりますが、築古は賃貸付けが大変だということです。私は23区内と横浜がメインの投資エリアですが、それでも募集してすぐ決まるということはまずありません。これが地方都市なら輪をかけて大変だと思います。

カリスマ大家のマネは簡単ではない!

 ネットを見ると、地方築古戸建てのリフォームで大成功しているカリスマ大家さんが沢山いますが、物件の仕入れからリフォーム、賃貸付けに至るまで、みなさん何かしらの強みを持っています。

 何よりも大事なのが仕入れで、特に地方だと家賃も安いので、リフォーム費用のかからなそうな(ある意味イキのいい)物件を安く買ってくる能力がないと計算が合わないと思います。逆に23区内だと物件価格が高いので、格安でイキのいい物件自体がほぼ存在しません。ある程度リスクのある物件に手を出す度胸が必要になります。また総費用を安く抑えるために、リフォームは自分でやるか、懇意の業者さんを使って安く済ませている人が多いです。

 こんな大変な作業を、素人や余剰資金のない人がいきなりやれるとは思えません。ぶっちゃけ「100万円で利回り60%!」みたいな成功談に釣られて、安易にマネをすると危険なのではないでしょうか。我々は彼ら、彼女らのようなスーパースターではないのです…。

写真はイメージです ©iStock.com

 つまるところ、今の不動産投資はハウツー本やブログ、情報商材を読んで真似すれば低予算でもどうにかなる、というものではないと思います。カリスマ大家さんが塾を作ったりセミナーに力を入れている裏には、実地で教えてサポートしないと成功できないから、という読みがある気がします(カリスマ大家さんのフリをした単なるセミナー屋や、キラキラ大家・共食い大家と呼ばれるヤバい人もたくさんいるので、注意してくださいね)。

写真はイメージです ©iStock.com

 そんなわけで悲観的なことばかり書き連ねてしまいましたが、そのうちリフォームを断念した戸建てが市場に出てくるのではないかと予想しています。それを安値で買い叩ければ私たちズッコケ大家さんにもチャンスが回ってくるかもしれません…!?

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(22枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー