昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

汗、頭皮、加齢臭…皮膚科医が教える「男のニオイ問題」原因別3つの対処法とは

2020/12/12

 今回のテーマは「男のニオイ」。

 何でもかんでも「コロナ禍」に絡めるのもどうかとは思いますが、ここに来て“お父さんのニオイ”がちょっとした問題になっているそうです。リモートワークで自宅にいる時間が長くなったお父さんが発する体臭が、世の奥様方から不評を買っているらしいのです。

 特に寒さが本格化してきたこの時期、一見すると夏場に比べておさまりそうなものですが、不思議なことにそのニオイは威力を増しているとか……。

 対策はあるのでしょうか。

男女で意識がズレた「夫がルーズになった身だしなみポイント」

男女でズレた「ニオイ」の認識 ©iStock.com

 男性化粧品大手のマンダムが、35歳から49歳の既婚男女444名を対象に行った「外出自粛により増えた家中での過ごし方や気持ちの変化」という調査がある。その中で「夫がルーズになってしまったと感じる身だしなみ」を問う質問に対する回答が興味深い。

「夫目線」での回答は次の通り

・1位「シェービング」(60.6%)
・2位「髪のスタイリング」(48.5%)
・3位「洗髪」(20.2%)
・4位「ニオイケア」「鼻毛処理」(15.2%)
・5位「体毛処理」(13.1%)

 一方「妻目線」の回答はこうだ。

・1位「シェービング」(56.5%)
・2位「ニオイケア」(42.0%)
・3位「髪のスタイリング」(34.8%)
・4位「洗髪」「洗体」「洗顔」(27.5%)
・5位「鼻毛処理」(18.8%)

 ここで注目したいのが「ニオイケア」だ。

男女の間に流れる「深くて暗くてニオイ立つ川」

 在宅勤務が増えたことでニオイケアを怠っているという意識を持つ亭主は15%しかいないのに対して、女房側の42%が「うちの亭主はニオイケアを怠っている」と感じている。その差はじつに27ポイント。男と女の間には、深くて暗くてニオイ立つ川が流れていたのだ。

木村有太子医師

「男性の体臭は、男性自身よりも女性のほうが敏感です。しかも、男性にとっては気にならないニオイが、女性には“不快”に感じられることが多いようです」

 と語るのは、順天堂大学医学部附属浦安病院皮膚科准教授の木村有太子医師。「男のニオイ」について解説してもらった。