昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/12/12

 V6は1995年に「バレーボールワールドカップ」(フジテレビ系)のイメージキャラクターに抜擢。同年11月1日に、大会イメージソングの「MUSIC FOR THE PEOPLE」でデビューした。

 6人のメンバーは年長組の「20th Century」ことトニセンの坂本昌行(49)長野博(48)井ノ原快彦(44)と、年少組の「Coming Century」ことカミセンの森田剛(41)三宅健(41)岡田准一(40)の3人ずつに分かれる。

“最も地味なV6”がジャニー氏が投げかけた“ある質問”

 リーダーの坂本はV6のなかで、“最もジャニーズらしくないジャニーズ”だろう。1988年にジャニーズ入りしたが、将来に不安を感じて退所。一時は旅行会社に勤務してサラリーマン生活を送っていた。

(「Johnny's net」より)

「ところが後輩の活躍を見て、同期入所のTOKIO国分太一に連絡して、ジャニーさんに『戻りたい』と伝えてもらった。するとジャニーさんから『ユー、何やってんの。戻っておいでよ』と連絡が来たんです。坂本は今でも『太一がいなかったら、今の俺はいない』と感謝しています。サラリーマンを経てジャニーズアイドルとしてデビューしたのは、ほかにはTOKIOの城島茂(50)くらいですが、2人ともジャニーズっぽくはないですよね(笑)」(女性誌編集者)

 しかし坂本は歌と踊りはジャニーズの中でも高い評価を得ている。ミュージカルへの出演も多く、V6の実力派。目立たないながらもV6の縁の下の力持ちとして活躍している。

 しかし、そんな坂本よりもさらに地味なのが長野だ。1986年に入所したが、一時期は光GENJI、SMAP、TOKIO、KinKi Kidsら同世代のバックダンサーも務めていた。

(「Johnny's net」より)

「ジャニーさんから『ローラースケートやスケボーができるか』と聞かれて、きっぱりと『できない!』って答えたのが運の尽き(笑)。ジャニーさんは長野さんを、その後SMAPやTOKIOとしてデビューするスケートボーイズのメンバーにと考えていたのに、深い考えもなく断ってしまった。芸能活動を休止して、高校卒業後に情報処理の専門学校に通っていた時にジャニーさんから呼び戻されて、V6としてやっとデビューできました」(アイドル誌記者)

 地道な舞台出演などを続けてきたが、2016年に女優・白石美帆(42)と結婚。現在は2歳の男の子と1歳の女の子にも恵まれ、パパアイドルとして好感度は高い。

「将来の幹部候補」と囁かれるTHEパパアイドル

 そして、THEパパアイドルといえばトニセン最年少のイノッチこと井ノ原だろう。ドラマ「西部警察」を見て石原軍団を目指したが、食が細いことからジャニーズに転向。1988年入所だが、年齢はグループ内でちょうど真ん中だ。

(「Johnny's net」より)

「若い頃は坂本や長野からは『おチビちゃん』と呼ばれて、坂本のことを『お兄ちゃん』と呼んでいました。TOKIO松岡昌宏(43)や元SMAP香取慎吾(43)とは同い年ということで仲もよかった。国分太一とは『タイノッチ』というユニットを組んでいたこともありました」(女性誌記者)

 2006年から「警視庁捜査一課9係」(テレビ朝日系)シリーズに若手刑事役で出演。2018年から後継シリーズの「特捜9」シリーズの主役を務めている。2007年には女優・瀬戸朝香(44)と結婚。公私ともに落ち着いたイメージがあり、2010年から2018年にかけては「あさイチ」(NHK)のキャスターを有働由美子アナウンサーと務めた。

「V6はデビュー20年目の2014年にやっと『紅白歌合戦』に初出場して3年連続で出場。井ノ原は2015年には白組司会も務めました。井ノ原は本当に不思議なジャニーズで、派手なヒット作があるわけではないのに大きい仕事が途切れない。11月に公開された映画『461個のおべんとう』ではなにわ男子の道枝駿佑の父親役として主演を務めました。ジャニーズ上層部の覚えもめでたい、将来の幹部候補生ですよ」(スポーツ紙芸能デスク)

 実直すぎるゆえに“ジャニーズっぽくない”トニセンとは違い、カミセンの面々は華やかな独自路線を突き進んでいる。