昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

セリフのリテイクを20回も…「ジブリに愛された声優」が語る“『もののけ姫』で一番苦労したこと”

声優・島本須美さんインタビュー #2

2020/12/25

 国民的映画として愛されてきた『風の谷のナウシカ』が2020年12月25日に「金曜ロードSHOW!」で放送される。

 同作でナウシカ役を演じたのは、『ルパン三世 カリオストロの城』クラリス役や『もののけ姫』トキ役など数々の宮崎駿作品に出演し「ジブリに愛された声優」と呼ばれる島本須美さん。宮崎駿監督との出会いや、声優としての葛藤、『もののけ姫』での知られざるエピソードについて聞いた。(#1~#3の#2/#1から読む)

島本須美さん

◆◆◆

『赤毛のアン』オーディションが宮崎駿との出会い

――『ルパン三世 カリオストロの城』でのクラリス役の獲得は、『赤毛のアン』のアン役オーディションがきっかけだったそうですね。場面設定と画面構成で作品に携わっていた宮崎監督が、テープに録音された島本さんの声を聞いて感激したという。

島本 私はそのオーディションで落ちて、アン役には山田栄子さんが決まったんです。宮崎さんは『赤毛のアン』のスタッフとして入っていたけど、『カリオストロ』が入ったので途中で抜けたみたいなことをなにかで読みましたけどね。

――その後に『カリオストロ』のクラリス役オーディションの話が来るわけですが、その際に「宮崎駿という監督が島本さんの声を気に入って」みたいなことを言われたりは。

島本 まったく。他のお仕事と同じように「オーディションです」と告げられて行きました。オーディションには私しかいなくて、他に誰か受けていたのかどうかも分からないです。その時に言わされたセリフも、覚えてないですね。受けたら、後はもう本番って感じでしたね。

――しかし、山田康雄さん(※1)を筆頭に錚々たる顔触れがいる現場に放り込まれるわけですから緊張しますよね。

島本 声優の仕事をするようになって1年目ぐらいですからね。ド素人ですよ。そりゃあ、緊張しましたよ。一応『ザ☆ウルトラマン』(※2)で星川ムツミ役をやっている最中ではあったんですけど、科学警備隊の紅一点のわりにはセリフは多くないし、「キャップ、キャップ」との呼び方を一人でお稽古していました。スケジュールに関しては厳しかったけど、どこかのんびりとしていたというか(笑)。

 

 たしかに『カリオストロ』の現場は緊張しましたけど、どちらかといえば一生懸命すぎて周りを見ている余裕がまったくなかった。余計なものが目に入ってこないようにブリンカー(遮眼革)を着けてひたすら走ってる競走馬みたいな状態。

※1……『ルパン三世』シリーズのルパン三世役などで活躍。1995年没。
※2……1979年から1980年にかけて放送されたアニメ版の「ウルトラマン」。ウルトラシリーズ第8作であり、第3期ウルトラシリーズの1作目にあたる。

――『ザ☆ウルトラマン』も豪華なメンバーですよね。

島本 富山敬さん(※3)を筆頭に、錚々たる顔触れが揃っていた現場ですからね。女は私だけだったからなのか、声優としては新人だったからなのか、皆さん優しくしてくれましたね。

 当時はいまみたいにペットボトルや水筒を持ってこないから、一番若手がみんなにお茶を出すんですよね。お湯を沸かしてお茶を出すというのが、なんとなく新人の仕事になっていたので、早めに行ってはお茶の支度をして、誰かがいらっしゃるたびにお茶を淹れて「どうぞ」と出していたのを思い出しますね。

※3……『宇宙戦艦ヤマト』の古代進役や、『ちびまる子ちゃん』のさくら友蔵役などで活躍した。1995年没。