昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「泣きたいのなら『おしん』を観ればいいんです、と監督が」ナウシカ声優が語る、宮崎駿の素顔

声優・島本須美さんインタビュー #1

2020/12/25

 国民的映画として愛されてきた『風の谷のナウシカ』が2020年12月25日に「金曜ロードSHOW!」で放送される。

 同作でナウシカ役を演じたのは、『ルパン三世 カリオストロの城』クラリス役や『もののけ姫』トキ役など数々の作品に宮崎駿監督作品に出演し「ジブリに愛された声優」と呼ばれる島本須美さん。ナウシカ役に抜擢された経緯や、アフレコ時の知られざるエピソードについて聞いた。(#1~#3の#1/#2を読む)

島本須美さん

◆◆◆

オーディション当日、風邪をひいてしまった

――まだ、ナウシカ役が決まっていない頃に「映画化されたら、ぜったいナウシカをやってください」というファンレターとともに『風の谷のナウシカ』の原作本が送られてきたそうですね。ものすごく運命的なエピソードに思えます。

島本 宮崎さんが「月刊アニメージュ」に『ナウシカ』の漫画を連載されていたのは知っていたし、何話か読んではいたけど通して読んだことがなかったんです。でも、読んでみたら面白くて夢中になりましたね。私は女優としてジャンヌ・ダルクを演じたいという気持ちがあったんですけど、ナウシカのキャラクターに彼女と通じるものを感じたんです。それで、やりたいなぁと。

――ファンレターを送った方は、先見の明がありますよね。

島本 おそらく、『ルパン三世 カリオストロの城』で私が演じたクラリスのイメージをナウシカに重ね合わせていたんでしょうね。どちらも宮崎さんの作品ですし。まだ、声の仕事をたくさんやっていなかったのにアニメ・ファンにはクラリスの声として認知されてもらっていたようで、そのイメージの延長でナウシカの声をやるならば私と考えてくれる方々は少なくなかったみたいですね。

『風の谷のナウシカ』より

――全国各地の中学校を回って演劇を上演する学校公演を活動のメインにされていた時期に、ナウシカ役のオーディションの話が飛び込んできたと。

島本 そうです。当時、私は劇団青年座に在籍していて事務所から「ナウシカ役のオーディションがあるので、行ってください」と言われたんです。事務所には『ナウシカ』がアニメになることがあったらやりたいと訴えていたので話を聞いた時は嬉しかったし、絶対にやりたいと思って。

 でも、オーディション当日にひどい風邪を引いて、まったく声が出なくなってしまったんです。1週間後くらいかな。改めてオーディションの日程を組んでもらったら、クシャナ役の榊原良子ちゃんもいて一緒に受けたんです。ふたりとも合格したのでホッとしました。

 

――日程を延ばしてもらえたのは、やはり宮崎監督に「どうしても島本さんに受けてほしい」という強い思いがあったのでしょうか。

島本 どうでしょうね。オーディションの延期はそんなに珍しい話ではないと思いますね。もちろん、「じゃあ、今回は残念ですが」ということもあるだろうし。ナウシカ役のオーディションに関しては、『カリオストロの城』があったので指名していただけたと思うんですけど。