昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/01/08

 きりっと冷えてコシの強い、二八蕎麦は実にうまい。しかも、麺線が長いので、そば猪口はるか上までそばを箸で持ち上げて、つゆにつけていく。辛つゆは本鰹節だろう、じわっと出汁がかおるタイプでこれもよく冷えている。老舗のそばのような雰囲気さえある。

人気の「二八蕎麦セット(甲)冷(もり蕎麦+鰺ご飯〈小〉)」(680円)
きりっと冷えてコシの強い二八蕎麦は実にうまい。しかも、麺線が長い

 そして、鰺ご飯は、焼いた鰺がまんべんなく散らされている。ワサビを少しつけて食べてもうまいし、食べ終わったそばつゆやそば湯を入れてお茶漬けにしても抜群にうまい。小といっても十分な量があり、満足感は高い。これがフードコートで食べることができるというのは、なんだかすごく得した気分だ。

鰺ご飯は小といってもご飯も多く、焼いた鰺がまんべんなく散らされていてうまい
鰺ご飯は、ワサビを少しつけて食べてもうまいし、食べ終わったそばつゆやそば湯を入れてお茶漬けにしても抜群にうまい

某そばチェーンを成功させた“達人中の達人”

 すると、店長の松本一彦さんがフロアーに出てきて笑顔で迎えてくれた。