昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/01/10

source : 文春文庫

genre : エンタメ, 読書, 社会, 働き方

債務者の良心を信じたい気持ち

 あっけらかんとしたお客さまの様子に、私は膝から崩れ落ちそうになる。

 お客さまを信じて待っていても、毎日約束を破られる。仕事の上とはいえ誰かにウソをつかれるのはやっぱり悲しい。

 そうしてまた回収できなかった私は、上司にお小言を言われるために呼び出される。

「N本、なんでこんなに期日ギリギリまで待ってるんだ?」

「す、すみません……」

「いや、だからさぁ、この期日は延ばし過ぎでしょ? なんでこんなに待とうと思ったの」

「お、お客さまを……」

「お客さまを?」

「信じてました……」

 私の言葉に、上司は心底呆れたような顔をした。

©iStock.com

「お客さまを信じたい? それでウソつかれて入金にならなかったんだろ? お前、ホント馬鹿だな。本気で回収しようと思ってない、甘えてるんだよ」

(うっ……。返す言葉もございません……)

 でもホントに私はまだどこかで「貸したモノはちゃんと返してくれる」というお客さまの良心を信じたい気持ちがあった。最初っからどうせ返さないだろう、と疑ってかかって交渉をするのはどうしても嫌だと思った。

(私って、ホント回収の仕事、向いてないよなあ……)

 今日もまた破られてしまった約束と、一人だけボコンとへこんだ(つまり全然回収できてない)回収成績のグラフを交互に見ながら、私は深々とため息をついた。

督促OL 修行日記 (文春文庫)

榎本 まみ

文藝春秋

2015年3月10日 発売

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春文庫をフォロー